MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2016.06.08UPDATE

2016年06月号掲載

ROACH

メンバー:taama(Vo) くぼっち(Gt) 勝也(Ba) Daisuke(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-"LET IT DIE"って、正確にはどんな意味なんですか?

taama:実は俺自身も未だにその言葉の意味を100%捉えられなくて。ただ、"殺せ、殺す"的な物質的な感じにはしたくなかったので、"なぜそこに向かうのか?"っていう精神的な心の動きに着目するように心掛けました。

勝也:"LET IT DIE"という言葉は暴力的なイメージがあったけど、それをあまり安直には捉えず、自分なりのリフをつけました。

-強さと優しさの両方が混ざり合った曲ですね。

勝也:はい......でもそんなに深く考えて作ってなくて。

一同:ははははは。

くぼっち:ギターのアレンジは歌詞を意識してるので、人間模様を前面に出せたらいいなと。深みのある表現にしたくて、儚さと哀愁は意識したかもしれない。人が死ぬ儚さというか。もし自分が人を殺したら、虚しくなるのかな。勝也からもらったリフは全部変えて、その場でアレンジしました。

-「WARRIOR」も勝也さんが作った曲ですよね。「LET IT DIE -All I Want-」にも通じる切なさがあるなと。

taama:個人的に、最初やりづらい曲でした。実際、メロディは苦戦しましたけど、いいメロディができたし、言いたいことはわかっているので歌詞は時間がかかってません。

-語るように歌うパートも入ってますよね?

taama:メロディがゆったりしているので、できるだけ言葉数を多くしました。

くぼっち:この曲は詩集を読んでるような印象があって。歌詞とメロディが際立った曲ですね。

Daisuke:これはCOLDPLAYを意識したんじゃないの?

勝也:うん(笑)。

Daisuke:勝也はそういう音楽も好きだから、やりたいのかなって。

taama:勝也が作る曲は浮遊感があるというか。

くぼっち:ウェット感もあるよね。

-なるほど。今作の曲調は多彩ですけど、歌詞で言いたいことは全曲共通してますね。

taama:同じ時期に書いてますし、結局、俺は手を替え品を替え、ずっと同じことを言っているので、これからも同じことをずっと研ぎ澄ませていければそれだけでいいと思っています。

-表題曲では人生は短いからこそ、この瞬間に熱くなろうと......。

taama:自分の人生観を素直にそのまま書けたと思っています。

-「LET IT DIE -All I Want-」は"悲しみを経験したなら、愛と慈しみを育もう"と。「WARRIOR」は"肉親の別れ"を書いた歌詞にも感じました。あと、今回は歌詞の中で自分で答えを全部出してますよね。すごくポジティヴだなと。

taama:はい。悲しみすらも曝け出して、それを越えて笑おうと。ポジティヴですべてを押し上げたくて。だからこそ、激しさが必要だったのかもしれない。"愛してるぞ、このやろー!"みたいな。"俺がロックだ、バカやろー!"という気持ちで、とりあえずまっすぐに本気で生きようと決めたので。

-まさに今作は生きるパワーをもらえる作品です。

taama:それは嬉しいです。

-ほんとにアルバム・タイトルどおりだなと。

taama:自分でもベスト・タイミングのベスト・タイトルだなと思ってます。いろんなものを振り切って、シンプルに突き抜けていきたい。人間の本気って時に怖く見えるものだと思うんですよ。でも、本気になれて初めて表現なのかなと思ってますし、だから素晴らしいんだと思います。それをライヴで作りたいです。