MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AMON AMARTH

2014.12.16UPDATE

AMON AMARTH

メンバー:Johan Hegg(Vo)

インタビュアー:米沢 彰

-2年ぶりの来日ですね。久しぶりの日本は楽しめていますか?

日本では毎回すごく楽しんでいるよ。ショーももちろんだけど、それ以上に食べ物がすごく気に入っているんだ。日本は大好きさ!

-お酒も楽しんでますか?

まだ全然飲んでないね。昨日ビールを4、5杯飲んだくらいだよ(笑)。

-来日前のちょうどいいタイミングで「Deceiver Of The Gods」のミュージック・ビデオが公開されましたが、最初、まるで映画のようなクオリティだと思って見ていたら、本当に映画の映像なんですよね?

その通り。今回、"Northmen - A Viking Saga"という映画の戦いのシーンに出てほしいという話が先にきて、その中でAMON AMARTHがどう関わっていけるかって話が進んでいたんだ。それから、映画内でAMON AMARTHの曲を使って、且つAMON AMARTHのミュージック・ビデオの中で映画のシーンを使って、っていうところまで話が発展していったんだよ。演奏シーンも映画と同じ監督が撮ったりして、すごくいいコラボレーションができたね。

-それはアメリカの映画ですか?

スイス、ドイツ、南アフリカの共同で作られているんだ。俳優はほとんどイギリス人なんだけど、他にもそれぞれの国から何人か俳優が出ているね。

-以前のミュージック・ビデオも映画のようなものが多いですが、ご自身が映画好きだったりするのでしょうか?

もともと映画にはすごく興味があったね。俺は曲を書くときにまず全体のストーリーを考えて、展開を考えて、詞を書いて、それに合う音楽をつけていくという曲の作りかたをしているから、その中で映画の映像を合わせているということは自然な流れなんだ。ふたつの別のものを合わせる、というふうには捉えてないよ。

-バイキング的な映像を撮るとヨゴシだったり、ぐちゃぐちゃになったり、すごく撮影が大変だと思いますがいかがですか?

ものすごく大変だったんだけど、それ以上にやっぱり楽しさが勝ったね。スタントの訓練も行って初日でヘトヘトになったんだけど、これは極めたいと思って続けたんだ。周りの人たちからも"もうやめたほうがいいよ"って言われたりもしたんだけど、つらい思いをしても楽しかったな。

-トレーニングもしているのですか?

本来やらなければいけない量のワークアウトは行っていないと思うんだけど、ある程度の基礎があったから、実際に動きに対応することは難しくはなかったよ。

-今回のライヴにはバイキングは登場しないのですか?

今回、予算のこともあって全部持ってくるのはできなかったんだけど、バックドロップを使ったりしてなるべく雰囲気を出せるようにはしているんだ。楽しみにしててくれよ。