MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ASKING ALEXANDRIA

2011.03.15UPDATE

ASKING ALEXANDRIA

メンバー:Sam(Ba) Ben(Gt&Vo) James(Dr) Cameron(Gt) Danny(Vo)

インタビュアー:MAY-E

-初来日おめでとうございます。SCREAM OUT FEST 2011ならびにエクストラ公演、お疲れ様でした。日本のファンを目の前にしてみていかがでしたか?

Ben:ありがとう!SCREAM OUT FESTは最高だったよ。

Danny:ああ。日本のファンは皆優しいし、酒も沢山飲めたしね。楽しい時間が過ごせたよ。

-このツアー中にベースのSam Bettleyが誕生日を迎えたそうですね。

Sam:そうなんだ。バースデーを日本で迎える事が出来て嬉しかったよ。今までで最高のバースデー・パーティーになったしね。

Ben:バースデー・パーティーといってもただの飲み会だけど(笑)。

Danny:ASKING ALEXANDRIA流のロック・スター・パーティーさ!Sex and Alcohol and Rock'nRoll!それは今もまだ続いているんだ(笑)。

-ははは(笑)。アジアに来ること自体、初めてだったとか。ツアー中、カルチャー・ショックを受けることはありましたか?

Ben:日本人は挨拶もちゃんと返してくれるし、フレンドリーで、みんな心が広いよね。とても良い人たちばかりだからさ、俺たちがいかに卑劣な人間かって思い知らされたよ(笑)。街もキレイだし、路上でタバコを吸う人もいないし。唾だって吐けやしないんだぜ!だけど、そんな俺たちも受け入れてくれる素晴らしい国なんだ。

Sam:そうだね。本当に良い国だよ。

Danny:俺はそんな日本にすげー興奮しているぜ。

-そうですか。今回のSOFで共演したCROSSFAITHですが、音楽性からいってもASKING ALEXANDRIAと共鳴する部分もあったと思うのですが、いかがでしょうか。

Danny:CROSSFAITHは良いバンドだよ。

Ben:確かに音楽性は少し似たところはあるかもしれない。彼らは素晴らしいライヴ・バンドだと思う。

Danny:ただあいつら、酒が飲めないのが残念だよな。

Ben:日本の音楽はこれまでに聞いたことがなかったけど、CROSSFAITHは良いと思ったよ。

-日本の音楽シーンを体感してみて、いかがでしたか?

Danny:メタルやロックンロールが盛んな国なんだなってのを、肌で感じたぜ。

Ben:うん。もともと日本はメタルが盛んだってことは聴いていたんだけど、本当にそうだったね!

-そうですね。オーディエンスの反応も、UKとは少し違っていたでしょう?

Ben:うん、ぜんぜん違っていたよ。

Danny:日本のオーディエンスは曲と曲の間がめちゃめちゃ静かになるから、最初はすげー違和感があって、ちょっと戸惑ったな。

Ben:だけどそれって、俺たちをリスペクトしてくれているってことなんじゃないかな。曲をプレイするのを静かに待っていてくれるんだからさ。

Danny:俺らの地元ではキャーキャー叫んでいる女の子がたくさんいる分、そういうノリがあったら良かったなぁと俺は思うな。