MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ZEBRAHEAD

2008.08.18UPDATE

ZEBRAHEAD

メンバー:Ben(B)  Ed(Dr)

インタビュアー:吉野 将志

-そういう自然体というのが、ファンにとってはたまらないのだと思いますよ。もちろん、私もそういうところが大好きですよ。

B:ありがとう。俺たちが日本に来て居心地がいいと思うのは、そんな風に日本のファンが思ってくれるからだと思うんだ。ひとつだけ苦手なことをあげると、やっぱり暑さなんだよね(苦笑)

-新作「Phoenix」を聞かせていただきました。このアルバムは過去最高傑作だと思っています。

B:本当にありがとう!! アリガトウー!!そんな風に思っているのは僕たちだけじゃなかったんだー!!うれしいよ。

-この作品はエネルギッシュでアグレッシヴな作品に仕上がっており、とても気に入っております。あなた方はこの作品に満足していますか?

B:このアルバムには本当に満足しているんだ。このアルバムには本当にメンバー全員が好きな曲しか入っていないので、本当に無駄な曲はひとつもないし、そういう意味でも本当に満足しているよ。

-前作に比べより多様性と奥行きに富んでいるアルバムだと感じているのですが、前作と今作の最大の違いは何だと思いますか?

Ed:まず、Mattyとたくさん練習を重ねたことですごい結束力の高いアルバムになっていると思うな。メンバー全員の好きな音楽性が異なるので、その違いが曲の幅を広げているのもあると思うな。その幅の広がりから今回たくさんの曲を作ることができたんだよ。今回いろんな曲を書けたというところから、多くのファンを満足させられるようなアルバムができたと思っているよ。

B:このアルバムは、今までで一番よく家で聞いているアルバムなんだよね。

Ed:うんうん、メンバー全員のテイストの違いのおかげでヴァラエティに富んだ幅の広い、奥行きのあるアルバムに仕上がったんじゃいかなと思っているよ。

-「Phoenix」というタイトルには力強さのようなものを感じるのですが、どのような気持ちが込められているのでしょうか?

B:本当に君は俺たちのことを理解してくれているなーと思うんだけども、メンバーの変更や前作もあったけども、とにかく俺たちは新しいバンドとして、止まることなく発展していきたい、そして力強く羽ばたいていきたいと意味を込めてこのタイトルにしたんだ。

Ed:フェニックスというのは概念的な動物ということで、それが何かってわかっている人も少ないから、その曖昧さっていうのも僕が気に入っている理由なんだ。

B:僕たちは好きなことばかり言っているので、どれをインタビューに掲載してくれてもかまわないんだけど、ちなみに僕はアリゾナ州のフェニックスというところで初めてのセック○したんだよ(笑)

-なるほど、それは今まで一番大事ですね。是非ともメモらせていただきます!!

一同:爆笑

-バンド生命を左右するヴォーカリストの交代劇がバンドに与えた影響とはどのようなものだと思いますか?

B:このバンドで一番重要なことは「一緒に仕事をすること」なんだ。Justin(Vo)が脱退したときに、4人が残されたんだけど、正直思ったことはJustinと一緒に曲も書いていなかったから、そういう意味では仕事がやりやすくなったというのもあるんだ。そこで考えたことは、僕たちといて居心地よく感じてくれて、僕たちと一緒にやりたいと思ってくれる人を探すことなんだ。Mattyが加入することで、5人目のバカがこのバンドに参加してくれたのは本当にうれしいよ。

Ed:Justinがいたとき、実は僕は居心地悪く感じていたんだ。やっぱり最初の6年というのは、僕にとってあまりよくなかった時期なんじゃないかなと思っていて、Mattyが加入して新しいメンバーになったことで以前よりも楽しい時間が持てているし、ショウもいっぱいこなしているし、とってもいい感じなんだよね。決してJustinを卑下するわけじゃなくて、今のバンドがとっても居心地よくいい感じでやっていけているんだよね。

-結成して12年、デビューして10年目を迎えましたね、おめでとうございます。

B:ドウモアリガトウ!!

Ed:アリガトウゴザイマシタ!!

-デビューして10年目を迎えた今、ロック・シーンの現状を受けて、自分たちがシーンを引っ張っていかなければいけないという責任感や使命感を感じることはありますか?

B:僕たちのキーポイントになっていることは「ベストを尽くすこと」で、後はビールをたくさん飲んで、バカをいっぱいやって楽しく過ごすことなんだ。バカが5人集まって楽しくやっているだけだし、人にそんな風に見てもらえるなんて本当にラッキーだと思うし、僕たちは素晴らしいバンドとして才能を授かったわけでもないと思っているんだ。ただ、自分たちのやりたいことをやって、こんな風に成功できて、本当にラッキーだったとまじで思うんだ。とにかく自分らしくあること、やりたいことはする、この二つが成功への鍵になんじゃないかなと思っているよ。