MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

REBORN

2015年結成。"RISING SUNを進化させたものを、この最強メンバーでやったらどういう音になるんだろう?"というHIRØ(Vo)の考えから実験ギグを重ね、"New Year Rock Festival"出演など、不定期的に活動を続けてきたハイブリッドコア・バンド、湾岸の羊が本格始動。4ヶ月連続配信第1弾となる「REBORN」は、"昨日までの自分を殺せ"、"死ぬな"、"生きろ"、"闘え"とまっすぐなメッセージを精魂込めて真摯に届けるヴォーカルと、感情に寄り添って丁寧に楽曲世界を構築する、激しくも優しいバンド・サウンドが聴く者の心に突き刺さる"これぞ湾岸の羊!"といったハードコア・ナンバー。真闇に包まれた現代社会を生きる人たちに、圧倒的リアルや痛切なメッセージを放つこのバンドが、このタイミングで本格始動したことに必然性を感じずにいられない。 フジジュン