MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Medicine At Midnight

FOO FIGHTERS

『Medicine At Midnight』

Release Date : 2021-02-05
Label : SMJ

ロック衰退の時代においても世界中でスタジアムを沸かし続け、ついには結成25周年を迎えたFOO FIGHTERS。約3年半ぶり10枚目となる彼らの新作は、Dave Grohl(Vo/Gt)がDavid Bowieの『Let's Dance』を引き合いに出したのも頷けるポップな雰囲気で、第1弾シングルのTrack.2や表題曲のTrack.5は大人なディスコ・ナンバーだ。とは言え、痛快なロックンロールのTrack.3、ダンス・ビートが心地よいTrack.7、9など、フーファイらしさはもちろん健在。偉大な先達へのリスペクトも匂わせながら、骨太のサウンドを特大のスケール感で鳴らしている。そして何より、大合唱を誘うキャッチーなメロディや、身も心も躍らせるエネルギッシュなグルーヴは完全にライヴ向きで、今や遠い存在となってしまったスタジアムの熱気を思い起こさせるようだ。まだ暗い世界は続くが、今作を聴いて夜明けを待ちたい。 菅谷 透