MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ESKIMO CALLBOY

2012.05.08UPDATE

2012年05月号掲載

ESKIMO CALLBOY

メンバー:Sebastian Biesler (Vo)

インタビュアー:ムラオカ Translator:Yuga

-初めてのインタビューとなりますので、基本的な質問から始めさせていただきます。まずはESKIMO CALLBOYの結成したきっかけを詳しく教えてください。

学校の友達や昔のバンド仲間が集まったんだ。オレだけがESKIMO CALLBOYと名乗り始める前からかかわっていた唯一のメンバーさ。

-あなたがたはドイツのカシュトロップという都市出身だそうですが、どういった都市ですか?またロック・シーンは盛り上がっていますでしょうか?

カシュトロップはノルトライン=ヴェストファーレン州にある町だよ。カシュトロップの位置する地域は 「Ruhrgebiet」と呼ばれていてルール地方って意味なんだ。この辺は人がたくさんいて、大きな音楽シーンがあるよ。特にロックは代表的だね。たくさんのバンドが仲間だし、音楽を通じて人に出会うことが多いんだ!

-ESKIMO CALLBOYという非常にユニークなバンド名ですが、このバンド名にした由来を教えてください。

ユニークだって!?ハハハッ(笑)!実際このバンド名の由来はかなりどうでもいいモノなんだ:) オレたちは今のスタイルになる前、別のバンドをやっていたんだけど、ある夜、ダチの家で、メンバーの誰か忘れちゃったけどやたらとファンキーなネーミングを考えていたんだ。それがESKIMO CALLBOYだってこと(笑)。最初は曲のタイトルに使ったんだけど、しばらく経ってバンドを結成したときにこのネーミングにしたんだ!!

-1stアルバム『Bury Me In Vegas』完成おめでとうございます。完成しての今の気持ちを教えてください。

メチャクチャ、ハイテンションだよ!メンバーみんながヤバいと感じる最高のアルバムを作ろうとメチャクチャ努力したんだ。マジで超長い時間と労力を使ったよ!だけど制作後のファースト・ライヴで、その価値があったと実感したんだ。今はドイツのフェスティバル・シーズンを心待ちにしている状態だよ!

-この作品はどちらのスタジオでレコーディングされたのでしょうか?またプロデューサーやエンジニアはどなたを迎えたのでしょうか?

一部は最初のEPと同じで自分たちのスタジオでレコーディングしたんだ。それからPitchback StudiosのAljoscha Siegのところに持っていってプロダクションの可能性を広げたり外部の意見を反映しようとしたんだ。マスタリングはスウェーデンの有名なスタジオでやってもらったんだぜ。最終的に仕上がったサウンドにはマジで満足しているよ、オレたちの思い通りのサウンドになったしね!!

-ドイツ本国ではRedfield Recordsからリリースされるようですが、Redfield Recordsはどういったレーベルでしょうか?

Redfield Recordsはドイツのオスナブリュックにあるインディ・レーベルだよ。経験のある彼らのヘルプで、オレたちは運よくこの過酷な音楽シーンでやっていけているんだ。こんなにバンドに親身になってくれるレーベルと契約できてオレたちはマジで幸せモノだよ!!

-めでたく日本でのリリースも決定しました。決定した際の心境を教えてください。

“これはマジでヤバい!!”って本気で感動したよ!オレたちの音楽が地球の反対側で聴かれてるなんて超クールだよね!世界中のファンからメッセージをもらってるから、オレたちの音楽を愛してるキッズがたくさんいるのは知っているけど、それでも日本のCDショップでオレたちのアルバムが手に入るようになるなんて、未だにアンビリーバブルだよ!!

-『Bury Me In Vegas』というタイトルはあなたがたのラスベガスへの憧れを示しているのでしょうか?

世界中では日々様々な悲しいことが起きているのは知ってるよね?オレたちは音楽の力を借りて、人生のハッピーな出来事や時間を讃えたいんだ!ベガスはパーティーや女の子、アルコールがリンクしている街だろ?だからハッピーな時間が全部終わったときに埋葬されたい場所として選んだんだ。だけど実はまだ一度も行ったことがないんだけどね(爆)!写真や話でしか知らないからこそ、オレたちの目にはとてもミステリアスに映るんだ!

-ラスベガスは元よりまだ全米ツアーを行っていませんよね。アルバム・リリース後に全米ツアーは組んでいるのでしょうか?

全米ツアーはまだだよ。計画はしているんだけどね。2012年と13年はガッツリとアメリカやヨーロッパ大陸をツアーしまくる予定だよ!!

-非常に個性的な音楽性ですね。あなた方ほどパーティー感溢れるスクリーモ・バンドは見たことがありません。今の音楽性はどうやって固まっていったのでしょうか?

ありがとう!2010年にリリースしたEPをレコーディングする前、オレたちはいろいろなことにトライしたんだ。それがオレたちのサウンドの進化の過程だよ。オレたちは自分たちが満足するまでスタイルを変え続けてきたんだ。たぶんオレたちがユニークだと言われているのは、メンバーがバラバラの音楽を好きだからだと思うよ。受けてる影響のレンジが広いんだよね!