MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

×ジャパリ団

2020.09.22 @品川インターシティホール

Reported by 荒金 良介

アプリ・ゲーム"けものフレンズ3"のブラックバック役 未来みき、タスマニアデビル役の小泉萌香、オーストラリアデビル役の船戸ゆり絵の3人による×ジャパリ団。彼女たちが今年7月にメジャー・デビュー作『×・×・×』を発表し、その楽曲のライヴお披露目となる、初の単独公演"×ジャパリ団 LIVE ~ヘドバンの準備はできているか!?~"を開催。この日は新型コロナ感染拡大を受け、有観客と生配信という形式で行われた。

オープニングはEUROPEの大ヒット曲「The Final Countdown」が流れ、未来、小泉、船戸の3人が同曲を力強く歌い上げ、拳を上げてジャンプする。予想外の幕開けに団員(※ファンの総称)も必至で食らいついた。"俺たち持ち曲が5曲しかねぇ"と小泉が言うと、"むしろ5曲ある"と未来がエクスキューズをつけたあと、次は「どきどき黙示録」へ。爽快なハード・ロック曲に合わせ、3人も笑顔で歌い、ギター・ソロではエア・ギターを披露する場面もあった。リズミックなイントロを配した「×レゾンデートル」に入ると、3人のダンスは激しさを増し、歌に踊りにフル稼働する姿に団員の熱気も高まっていった。そこにさらなる火を注いだのが「確固不×論」である。日本が誇るヘヴィ・メタル・バンド、OUTRAGEが手掛けたナンバーだ。3人は一緒に声を出し、曲に合わせて激しくヘドバンするなど、楽曲の世界に没入する渾身のパフォーマンスを見せつける。キュートな歌声と超ド級のヘヴィネスの融合は、×ジャパリ団の真骨頂と言えるだろう。

中盤にはグッズ紹介、伝言ゲームをしたり、はなまるアニマルをゲストに迎え、彼女たちも2曲披露したりして場を沸かせてくれた。それから再び×ジャパリ団による本編に戻ると、「ジャパリ狂詩曲~×ジャパリ団のテーマ~」を披露。ゴージャスな音色と突き抜けるサビが痛快で、3人が扇風機ヘドバンに励む姿にも胸が熱くなった。団員たちも声を出して一緒に歌うことはできないが、赤のペンライト2本を"×"に組み合わせて応援し続け、心と心で通じ合う親密なショーを作り上げていた。

唯一のバラード「絆ふぉーえばー」が放たれるや、ステージにシャボン玉が舞う演出もあり、3人は右手を横に振って団員とひとつに溶け合う。曲が終わると、"本当は、本当は最後の「絆ふぉーえばー(※歌詞)」はみんなの声で聴きたかったの! 今回はそれが叶わないんですが、みんなの声が出せるライヴをするときが来たときに、全力の「絆ふぉーえばー」を聴かせてもらえるように、私たちも全力で突っ走っていくので、どこまでもついてきてくれると嬉しいです!"と未来が告げ、会場から温かい拍手が起きていた。

"ここからラスト・スパート!"と告げると、「ようこそジャパリパークへ メタルver.」に移行。するとステージ上にスモークが噴き上げ、ヘヴィ且つパワフルな漆黒の宴が繰り広げられる。そして、「どきどき黙示録」、「確固不×論」の2曲を再度畳み掛けるパートも大いに盛り上がった。アンコールに応え、3人が姿を現すと、なんとスクリーンには2021年4月25日に単独ライヴを行う告知があり、これには彼女たち自身がビックリした表情でアナウンスを受け止めていた。団員にとっても、3人にとっても完全なるサプライズだったのだ。そのあとに、ダメ押しと言わんばかりに「ジャパリ狂詩曲~×ジャパリ団のテーマ~」を見舞い、初の単独ライヴは盛大に幕を閉じた。

初めてづくしということもあり、彼女たちの緊張度は相当なものだったに違いない。しかし、歌とダンスとヘドバンを全力でやり切るステージングに、多くの団員たちが心を掴まれている様子だった。次回の単独ライヴは希望的観測込みで、よりいっそう絆が深まる空間を作り上げてくれることだろう。

  • 1