MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Aldious

2018.11.23UPDATE

2018年12月号掲載

Aldious

メンバー:Re:NO(Vo) Yoshi(Gt) トキ(Gt) サワ(Ba) Marina(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-(笑)続いて「モノクローム」は作詞も作曲もサワさんですね。

Re:NO:サワちゃんの作る曲ってすごい独特な世界観があるので、私から出る言葉遣いとかだとちょっと違うのかなって思ったんです。サワちゃんに書いてみないか聞いたら"ちょっと書いてみる"ってことで、フルで全部書いてきてくれた感じですね。

-Re:NOさんが書く歌詞とはやはり少し雰囲気が違ってくるなと思う部分もありつつ、Re:NOさんのヴォーカルとしての歌い回しをうまく引き出しているように感じました。

Re:NO:意識してないでしょ?

一同:(笑)

サワ:いやいや、少しは(笑)。

Re:NO:(笑)。ヴォーカルのレコーディングに(サワが)立ち会って、"そこはファルセットがいい"とか、"もうちょっと強めにしてほしい"とかっていうやりとりは当日したよね。

サワ:私が完全にプロデュースする形で、"ここはこういう感情で歌ってほしい"みたいにすごく細かく話をしました。

Re:NO:この曲は2、3パターン歌ってみて"どれがいい?"って確認していました。"こっちの方が歌詞の悲しさが伝わると思うんだよね"とか"1番は強く歌って最後は悲しく歌ったらグッと来るんじゃない?"みたいな意見を言い合いつつ進めていったので楽しかったですね。

-そして最後の「All of You」は壮大で繊細なバラードに仕上がっていますね。こちらも英詞が大部分を占めています。

Re:NO:英詞を書くのもメロディにはめるのも「Monster」より大変でしたね。ネイティヴの人に教えていただきながら作詞しました。自分の言いたいことを英語にしたら発音的に音やメロディと合わないことがあって、意味を変えるとか、そういうやりとりに時間をかけて作っていきましたね。伝えたいことを日本語にすると重すぎたので英詞に頼った部分もあります。気になる方は歌詞カードの横に和訳があるので、そちらを見ていただけたらと思いますね。

-使い分けというか、より重い部分は英詞になっているんですね。バラードだからより強調されるのか、Re:NOさんのヴォーカルはすごく近くで歌っているように感じるときもあれば、遠くに感じるときもあって、とても不思議でした。

Re:NO:最初のAメロは直接耳に近いところで問い掛けるように、サビはバンドみんなで"そうだよね"って歌っているように、というイメージでレコーディングしています。

-4曲入りですが、それぞれにかなり方向性やアプローチが違う楽曲になっていますね。みなさんそれぞれの推し曲や特に力を入れた部分などうかがえますでしょうか?

Re:NO:4曲をループして聴いているんですけど、個人的には「BLOWS」が背中を押してくれるなって感じます。"どんなつらいことがあっても耐え抜いていくだけなんだ"、"いろいろあるかもしれないけど支えてくれる人がいる限りやっていこうぜ"、っていう元気が出る1曲になっているなと思って、よく朝に聴いていますね。会社に行く前とかに聴いてもらいたい曲です。

-通勤で聴くっていう感覚はわかる気がします。

Re:NO:通勤時間で4曲聴いたらちょうどいいかもしれないですね(笑)。あとは"午前0時"って歌っているので、0時に聴いてもらいたいなとも思います。

Yoshi:トキがたくさん出してくれた曲の中で、「BLOWS」がイチ押しだったのがメンバーの中で私だけだったんです。最終的に「BLOWS」が収録されることになったので、自分がいいなって思った曲が収録されたという意味では、聴いてもらいたいなと思います。あと私は人の歌詞だと情景が浮かぶ曲が好きなので、「モノクローム」は"見上げた星空"とかの画がぱっと画が思い浮かんで、聴いていて入り込みやすい感じがして好きですね。

トキ:私は、今までAldiousになかった英詞を前面に押し出している「Monster」と「All of You」が、新しい挑戦だなって思っています。聴いて鳥肌が立ったし、カッコいいなって。英詞の中に隠された深い気持ちを、聴いてくれている人にも一緒に感じ取ってもらって、気に入ってもらえたらなと。

サワ:全曲推しではあるんですけど、リード曲の「Monster」は久々に自分的には王道のAldiousが来たな、という感じがするので「Monster」を推していきたいですね。

Marina:トキが言っていたように英詞曲は新たなAldiousを見せられる楽曲になったと思います。「All of You」は英詞がメロディにフィットしたバラードになっていて、歌詞の意味も含めて好きな曲です。個人的にはドラムを歌に寄り添った感じで叩いていて、バラードだからこそRe:NOちゃんの歌を聴かせるように、邪魔をしないように考えてやっていたので、そういった部分も聴いていただければと思います。

-それは感じてました。邪魔しないというか、支えることに徹しているというか。

Re:NO:私も歌っていて感じてました。"あ、Marinaがいる"って。

-(笑)手数が多いと目立ちますけど、そうでないところでどうやって楽曲を支えるかということが大事なんだなというのは、すごくわかりますね。話は変わりますが、リリース以降の予定などうかがえますでしょうか?

Yoshi:東名阪で"Aldious Tour 2018 "We Are" ~Final~"があります。12月1日が名古屋CLUB QUATTRO、12月8日が梅田CLUB QUATTRO、12月17日は東京のTSUTAYA O-EASTです。Aldiousは昔からO-EASTに出ていたんですけど、ソールド・アウトになってからはキャパシティを上げてご無沙汰だったんですよ。今回は平日で久々にO-EASTに戻ります。Re:NOちゃんが加入してすぐの大きいライヴや、東京の初めてのワンマンもO-EASTで、東京の原点というかターニング・ポイントの会場なので楽しみにしています。

-年明けについてはどんな感じですか?

Yoshi:今年はかなりハードなスケジュールでやってきていたので、今のところ年明けはゆっくりしようと思っています。ハードといえば一番すごかったのが、広島でライヴが終わったあと、台風で道が崩れていたなかで1日に1,000キロ運転したことがあったんですよ。

-1,000キロはきついですね(笑)。

Yoshi:ハードなスケジュールが好きなので、いろんな経験をしたなと思えば楽しかったですけどね(笑)。そんな感じだったので、来年の年明けはしばらくゆっくりしてから各々で曲作りしていくかなとは思います。

-気が早いかもしれないですけどアルバムの予定もそろそろなのかな? と。

Yoshi:1~2月は雪が降るのもあるので、ライヴをキャンセルしたくないなという気持ちがあるんです。だからその時期で曲作りに集中して、アルバムを出したいなとは思っていますね。

-では、最後に激ロックの読者へメッセージをお願いします。

Yoshi:今回のアルバムはMarina以外の4人が作曲しているんですけど、それぞれの個性がすごく出た音源になっています。私が作曲した「Monster」は王道のAldiousらしい曲で、トキの「BLOWS」はトキの明るさというか、雰囲気や人間性が出ていると思います。サワの「モノクローム」は、歌詞を見たらサワは"こういうことを考えているんだ"っていう意外性というか、内面的な部分がわかる曲で、「All of You」はRe:NOの書く英詞の和訳を見ながら聴いてもらいたい曲ですね。最近はダウンロードも増えてきて、歌詞や和訳を見たりすることがなくなってきてると思うんですよね。だから内面に触れるという意味でも、ぜひダウンロードじゃなくて現物を手に入れてブックレットを見ながら聴いてほしいです。