MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HER NAME IN BLOOD | "METAL MANIA"

2018.09.12UPDATE

HER NAME IN BLOOD | "METAL MANIA"

メンバー:IKEPY(Vo) TJ(Gt) DAIKI(Gt) MAKOTO(Ba) MAKI(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

メタルに興味を持ってもらえるような、テーマパーク的楽しみもある


-メタルのライヴと言うと、いろいろメタルの知識があった方がいいのかなとか、敷居が高いと思われちゃうところもありそうですが、その面ではどうですか。

IKEPY:たぶん、そういうイメージも強いと思うんです。一般の人からしたら。

DAIKI:でも今回は、チケットの料金もお手頃なので。

MAKOTO:今回はそのへんも考慮しているんです。

IKEPY:料金を高くしちゃうと、若い世代が足を運んでくれるのがどうしても難しくなってしまうと思うんですよね。だから、若い人にも入りやすい値段設定になっています。

MAKOTO:もちろん普段メタルを聴く人にも来てほしいんですけど、今回はレッドブルという、一見メタルとはかけ離れたチャンネルから攻めているので。もっとライトな層や、まったくメタルを聴いたことがない人にも、イベント当日までにいろいろと仕掛けていきたいと思っているんです。メタルに興味を持ってほしいというのも、コンセプトのひとつなんですよね。全然ミーハーな気持ちでもいいので、ぜひライヴに来てほしいですね。

TJ:あとは、この日はライヴ以外にもコンテンツがいっぱいあって。会場内に音楽評論家の増田勇一さんが監修したメタルの歴史を掲示したりもするんです。

MAKI:噂によると、(今回の企画監修を増田さんが)楽しそうにやってくれていると聞いてます(笑)。

MAKI:そういった展示物も見どころのひとつですね。せっかく渋谷TSUTAYA O-EASTという大きな会場なので、ロビーとかもちゃんと使えた方がいいよねということで。

TJ:うちらも勉強になりそうだね(笑)。あと、増田さんは当日の司会とDJもしてくれます。

MAKOTO:そう、転換中も楽しめるみたいな。

TJ:ギターとかも展示しようという話も出ているので、メンバーの機材が触れたりすることとかもあると思います。

MAKOTO:ある意味、テーマパーク的な感じにしていますね。

-では最後に、ライヴに向けての意気込みを聞かせてください。

MAKOTO:そこに関しては、いつもの自分たちのいいところを出すだけです。

IKEPY:あとは、セッションはこの日でしか見れないものなので、お客さんにとってもめちゃくちゃレアなんじゃないですかね。うちらも、個々でセッションに参加することはあっても、これだけがっちりセッションするのは初めてなので。

TJ:あとは、"世代を超える"というテーマなので、たくさんのお客さんに来てもらって、まだ日本のメタルは終わってないっていうことを伝えられたらいいなと思っています。

IKEPY:そうだね。この"METAL MANIA"に来て、メタルをもっと好きになってくれたら嬉しい。

TJ:例えば80年代には、METALLICAとかSLAYER(MEGADETH、ANTHRAX)が"スラッシュ・メタル四天王"と呼ばれましたけど、そんなふうに世代を代表するような、その次を担っていくバンドがずっといないっていう話をみんなでしていて。これから、HNIBとしてもそういうところを目指していこうと思ってますけど、そういう日本のバンドもまだまだいるんだっていうことを、知ってもらえたらなと思いますね。


RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2018 "METAL MANIA"

2018年9月28日(金)TSUTAYA O-EAST

OPEN 17:00 / START 18:00
出演:LOUDNESS / HER NAME IN BLOOD / LOVEBITES / HELL FREEZES OVER
チケット:前売 ¥3,500
※ドリンク代別途必要
※未就学児は入場不可。小学生以下の方は保護者同伴のみご入場いただけます。
※小学生以下のお子様は耳を守るために必ず耳栓かイヤーマフを着用ください。
イベント特設ページ チケットを購入