MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NoisyCell

2018.03.22UPDATE

2018年03月号掲載

NoisyCell

メンバー:Ryosuke(Vo/Gt) Ryo(Gt/Scream/Prog) Kiara(Ba) Tatsuya(Dr)

インタビュアー:山口 智男

-そして、3曲目の「We've Known -2018 ver.」は――

Ryo:今回一番、洋楽ライクな感じです。デビュー前からある曲なんですよ。それをリメイクしたんです。そのときのテーマを消さずに、よりパワーアップできたらと思いました。原曲はドラムが打ち込みだったんですけど、それを生のバンドでどうしてもやりたかったという心残りがずっとあったんですよ。それを改めてできたのも良かったと思います。思い入れのある曲なんですよ。Ryosukeと俺がふたりだけで活動していた時期に作った曲で、ふたりが仲違いしたときの心境や、ネガティヴな気持ちを詰め込んだ暗い曲ではあるんですけど、リアルな心境を歌っているところが個人的には気に入っているんです。

-仲違いしたことがあったんですね(笑)?

Ryosuke:ありましたねぇ。大昔に(笑)。

Ryo:大学時代に仲違いして、連絡も取り合わない時期があったんですよ。そのときにデモを作って、仲直りしてから、"こういう曲があるんだけど"って言って完成させたんです。だから、歌詞も俺が全部書いて――

Ryosuke:それを俺が歌うっていう。だから、俺としてはすごくエモいんですよね(笑)。ぐっとくる。この曲は、それに尽きますね。

-"This is the end of our story"という歌詞は、そういうことなんですね(笑)。

Ryosuke:そうそうそう(笑)。

Ryo:いや、それだけじゃないんですけどね(笑)。

Ryosuke:そういう思い入れのある曲を、今やることに意味を感じているんですけど、昔の曲の話って、誰にもしたことないんですよ。インディーズのころって、誰からもインタビューを受けたことがないから(笑)。初めて、この曲の制作秘話が日の目を見て、今、嬉しかったです(笑)。

-生のバンドでやるという意味では、リズム隊のおふたりがすごくいい仕事をしていますね。

Ryosuke:そうなんですよ! 超いいですよね。特にベース、ヤバくないですか? 超上手くなったと思います。リズム隊を聴いてほしいんですよ。今回、3曲ともそうなんですけど、中でも「We've Known -2018 ver.」は特に。

Kiara:昔からある曲だから、その雰囲気を壊したくなったんですよ。だから、派手にしすぎずに、歌の邪魔もせずに、でも、俺はちゃんといるよっていうプレイを心掛けました。

-ドラムは曲の盛り上がりとともに手数が増えていくところが聴きどころですね。

Tatsuya:原曲は打ち込みで完成されていたんですけど、ドラマーとして聴いてみると、打ち込みっぽい違和感って気になるんですよ。それをもっと人間っぽく、且つ打ち込みならではの難しいフレーズもあるんで、独特のゴーストの入れ方を含め、自分なりにいろいろ考えながらフレーズを作っていきましたね。

-幾重にも重ねたギターも耳に残ります。

Ryo:わりと足し算的ではあるんですけど、曲を作った当時の初期衝動感は活かしたかったんです。今だったら鳴らさないけど、当時の感じが大事だから残そうと思いました。原曲のエモっぽい煌びやかな感じは残しつつ、詰め込みすぎて飽和状態になっていたところから最低限マイナスして、今の俺たちらしくしながら、聴きやすさも心掛けましたね。

-スクリームは誰が?

Ryosuke:基本、Ryoなんですけど、なんとKiaraも参加しているんですよ。もともと予定になかったんですけど、最後時間が余って、ライヴでシャウトするんだから、お前歌ってみなよって叫んでもらいました。

Ryo:そういうバンド感というか、4人でやっている感じも大事にしたかったというか、新たにエッセンスとして加えたかったんですよね。


7月にリリースするフル・アルバムに向けて、前回の『Letter』と今回の『時間飛行』で目指すところがより明確になりました


-表題曲の「時間飛行」はもちろん、どの曲もそれぞれに聴き応えのあるシングルになりましたね。

Ryo:かなりの意欲作です。実験もいろいろできたし、俺たちがバンドとして狙っていることの落としどころもわかったし、曲を作るうえで話し合いが増えたのもいいことだと思うし。前提として、いいアルバムを完成させようというのがあったんですけど、それに向けて、「Letter」、「時間飛行」の2曲で足元がしっかりしたというか、目指すところがより明確になったことも含め、すごくいいシングルになったと思っています。