MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE SLUT BANKS

2017.11.30UPDATE

2017年12月号掲載

THE SLUT BANKS

メンバー:TUSK(Vo) DUCK-LEE(Ba) 参代目ACE DRIVER(Gt) カネタク(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-アコギを入れたアレンジも面白かったです、LED ZEPPELINっぽいなと。

DUCK-LEE:あぁ、そう言われたら、そんな気もしますね。急に展開が変わるからね。あのコード進行は自分の中で気に入ってます。うまくいったなと。

カネタク:ありそうでなかった曲だから。

-ACE DRIVERさんはどうですか?

ACE DRIVER:特典の曲(※メーカー特典のボーナス・ディスク収録曲「BLOODY SOUP」)になるんですけど。この曲は、本当は本編に入る予定だったんですけど、曲順を決めているときに"この曲は浮くから特典にしよう"ということになって。この曲もそうだけど、他にもヴォコーダーを入れた曲があります。

-BON JOVIの「Livin' On A Prayer」でも使用されていた効果音ですね。

ACE DRIVER:そうです。バッキングで入っているものもありますからね。あと、レコ―ディング前にTHE STOOGESの映画("ギミー・デンジャー")を観て、めちゃくちゃ盛り上がっちゃって(笑)。「TARGET」はRon Asheton(Gt)と同じフレーズ、同じ音色に近づけようと。

DUCK-LEE:ヴィンテージのファズも使ってるもんね。

ACE DRIVER:いろいろ試すことができたので、それも楽しかったですね。

DUCK-LEE:おじさんだから、ヴォコーダーという発想になるんでしょうね(笑)。若い子はやらないだろうし、知らないかもしれないしね。

-その味つけも"らしいな"と思いました。そしてボーナス・トラックに「RUN GIRL LOVE」の新録も入れてますが、これは?

DUCK:曲はすごく気に入っていたんだけど、もっと荒々しくやってみたいなと思って。クリックも使わずに、ガーッと録りました。本当は特典用にと考えてて、今回のアルバムは13曲で終わっても良かったんだけど、聴いてなかった人がいたら聴いてほしいなと。



個性とは何かを常に考えながらやってますからね


-なるほど。それと今作のジャケはむせ返るような昭和感が出てますよね?

DUCK-LEE:うん、昔の少年マガジンとか、長嶋(茂雄)選手とかが表紙になってたときの色感を再現したくて。あと、"ダイレクトテイスト"というアルバム名自体も"ウルトラマンセブン"みたいな感じでね。あと、ドクロがいるんですけど、こいつが階段を降りてきて、助けにくるというストーリーがあって。

TUSK:階段を降りているのか! 俺、ロープの上に立ってるのかと思ったよ。

一同:ははははは(笑)。

DUCK-LEE:違うよ! このドクロが"ダイレクトテイスト"というウルトラマン的な存在で、リングで倒れている奴を助けるという......。

-ちゃんと物語性があると。ジャケもそうですけど、今作は思いっきりメタル、思いっきりフォークみたいな曲調がなくて、THE SLUT BANKSの強烈なオリジナリティが出てますよね。

DUCK-LEE:個性とは何かを常に考えながらやってますからね。オリジナリティなんてどう考えても出ないじゃん。だから、いつも俺たちらしさは考えるようにしているんですよ。キャッチーでうるさいのが自分たち流だと思っているから。なんか、オリジナリティっぽいものが出ればいいかなと。