MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SALTY DOG

2015.08.07UPDATE

2015年08月号掲載

SALTY DOG

メンバー:INGER(Vo) KENT(Gt/Prog) TOMOYA (Ba/Scream) NEMESAN(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-まだ結成4年未満というバンドですが、最初にやりたかった音楽は?

TOMOYA:結成当時は洋楽のエモを目指してて、最初は俺とINGERが初期メンバーで、THE OFFSPRINGやSUM 41のコピーをやってました。そっち方面に進みたいと思ったけど、途中加入でKENTとNEMESANが入って、ラウド寄りになったという。

-KENTさん、NEMESANさんはラウド寄りの音が好きだった?

KENT&NEMESAN:そうですね。

TOMOYA:ふたりともメタラーだよね? だから、バックボーンはみんな違うんですよ。僕はJ-POP、アニソン、ボカロが好きで、INGERはLINKIN PARKとかが好きだったりして。

NEMESAN:俺はCrossfaith、ARCH ENEMYとかですね。

KENT:僕もそのへんのガチメタル系ばかり聴いて、SALTY DOGをTOMOYAさんからラウド系にシフトしたいと言われて、僕が持っていたメタルやコアな要素をまぶした感じです。

TOMOYA:音楽性を迷っていた時期があって、1st(『Goodnight, Cruel World』)、2nd(『Allodoxophobia』)は迷いながらも、俺らなりの方向性を示した作品だったけど。3rd(『YGGDRASiL ANTHEM』)で飛び抜けたというか、やっと音楽性が確立できたかなと。それぞれバックボーンは違うし、やりたいことも違うけど、みんなが納得した1枚ができました。

-何を迷っていたんですか?

TOMOYA:自分たちがやりたいと思う曲と、世の中の人がSALTY DOGに何を求めているのか、そのすり合わせに時間がかかりました。作曲は基本的にKENTがやって、僕はこういう曲を作って欲しいとオーダーを出すんですよ。そのすり合わせもあったし、苦労しましたね。僕はSALTY DOGで女声ラウド・シーンの中で1番になりたいんですよ。まだその椅子がないし、その椅子を作るために苦労してる感じです。唯一無二のオリジナリティが欲しいから、その唯一無二を作る作業に時間がかかりました。まだ作れてないし、今は1、2本足が生えたぐらいですね(笑)。coldrain、SiM、Fear, and Loathing in Las Vegasは僕の憧れのバンドで、自分たちの音楽を確立してるじゃないですか。憧れだけじゃなく、尊敬しているバンドと同じステージに立ちたくて。

-INGERさんはどうですか?

INGER:最初はパンクをやっていたから、ギャーギャー歌ってるだけで良かったけど。キレイなメロディを歌うためにボイトレに行ったり、家で練習したり、自分の歌声を成長させるために努力するようになりました。

-INGERさんの母国ノルウェーと言えば、MAYHEM、BURZUMなどブラック・メタルが有名ですが、そのへんの音楽は聴きます?

INGER:聴くけど、歌えないですね。結構、悪ですからね(笑)。ノルウェー人にとってはそれなりの魅力があるけど、ヘンな歌詞も多いし......文化みたいなものですね。

-なるほど。NEMESANは?

NEMESAN:俺は作詞作曲に1ミリも関わってないんですよ。だから、ほぼドラムのことになるけど、もともと激しい音楽を聴いてたし、激しいドラムを叩いていたので、ライヴは俺が加入したことで変わりました。

TOMOYA:サウンドは締まりましたね。

KENT:ライヴでは1番目立ってるからね(笑)。

TOMOYA:NEMESANは音楽性に関しては何でもいいという。

NEMESAN:何でもいいわけじゃないけど、俺が言っても具体的に反映されるわけじゃないから。

TOMOYA:曲はKENTで100%仕上げちゃうんですよ。それをコピーするっていうニュアンスが強いですからね。

-今はそうでも、メンバーの意見がひとり増えたら、それがまたバンドの引き出しや幅に繋がるじゃないですか。

NEMESAN:たしかに俺が入ったことで曲の幅は広がりましたね。

TOMOYA:何でも叩けるから、曲に制限はないんですよ。バスドラが叩けないから、この曲をやめようとかもないし。その面では彼はすごいです。どんな難しいフレーズでも叩けますからね。