MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SALTY DOG

2014.12.02UPDATE

2014年12月号掲載

SALTY DOG

メンバー:INGER(Vo)KENT(Gt/Prog)TOMOYA(Ba/Scream)NEMESAN(Dr)

インタビュアー:小林 詩央里

-初の全国流通盤である前作EP『Goodnight, Cruel World』をリリースしてみての感触や、ファンの反応はいかがでしたか?

TOMOYA:"俺はメタルが好き"とか"エレクトロじゃないと嫌だ"とか"ダンス・チューンが好き"とかいろいろあるじゃないですか。前作はそれらの要素を凝縮させたアルバムだと思ってて。そういう意味では、みんなが望んだアルバムになったんじゃないかと思います。"キッズなら一撃で絶対ハマる!"っていうのはよく言われました(笑)。

KENT:全国流通させてもらったおかげでいろんな人に知ってもらう機会ができて、ツアーもいろんなところでやらせてもらって本当に楽しかったです。僕自身がもともと持っている音楽性とSALTY DOGとして求められる音楽性は違うので、『Goodnight, Cruel World』はそこを手探りで試行錯誤しながらやってきたアルバムでした。"神メロディ"だとか"ツーステップ"だとか、新しい要素を自分の中に取り入れて自分も成長できたんじゃないかな、とは思っていますね。まわりの反応はあまり気にしないタイプです(笑)。

-ライヴでの空気感は、前作リリース前と後で変わりましたか?

TOMOYA:劇的に変化しました。曲を知っているお客さんが圧倒的に増えて、ミュージック・ビデオになっている曲「Goodnight, Cruel World」をやるとみんな歌ってくれるし、踊ってくれるし、レスポンスが増えたっていうのはありますね。求められてきたなっていうのを感じました。

-5月には激ロックTOURにオープニング・アクトとして出演していただきありがとうございました。あらためて、出演された感想を聞かせてください。

NEMESAN:決まったときは本当にびっくりしました。

TOMOYA:嬉しかったですね。自分の中でもプレッシャーはあったんですが、オープニング・アクトに抜擢されたからにはちゃんと自分たちの役目を果たさなきゃいけないな、と思って頑張りました。本番前は俺ガッチガチでしたよ(笑)。

NEMESAN:対バンさせていただいたCRYSTAL LAKEとかa crowd of rebellionは昔から好きでよく聴いてたんで、俺が1番驚いたかも知れない(笑)。

KENT:あの日はオープニングからいっぱい入って盛り上がってもらえて、それは僕らの力ってよりは来てくれたお客さんのおかげだな、と。それはどのライヴでもいつも思いますけど。

INGER:そうだね。あと最初から最後までフルパワーで観てるから、体力あるな、って(笑)。

TOMOYA:次はぜひ(オープニングではなく)アクトで(笑)!

-楽しみにしています。前作のリリース直後にドラマーのメンバー・チェンジがありましたね。バンドとしては大きな変化だったと思いますが、差支えない範囲で経緯を教えてください。

TOMOYA:前回インタビューをしてもらった直後(前作リリース前)に、事情があって前のドラマーが辞めることになって。それでNEMESANに加入してもらうことになったんですけど、発表するタイミングとしては前作リリース後になってしまいましたね。

NEMESAN:経緯としては、俺が高校生のときに、KENTと違うバンドをやってたんです。

KENT:新しいドラマーが見つからなかったときに、"ちょっとこいつは危ないかも知れないけど、入れてもいいかな~"って声をかけたのがNEMESANっていう(笑)。でも音源を聴いてもらった時にね。

NEMESAN:はい、即、快諾しました。声をかけられたのも、それまでやっていたバンドの解散が決まったときだったんで、タイミングも100点でした。

-SALTY DOGの存在はもともと知っていたんですか?

NEMESAN:KENTが(SALTY DOGの)活動をしていたのは1年半前くらいから知っていて、音も聴いたことはあったんですけど、前作『Goodnight, Cruel World』を聴いたら、前と音楽性がまったく変わっていてそれが良かったので、入ろう!という感じでしたね。