MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SPYAIR

2015.07.16UPDATE

2015年07月号掲載

SPYAIR

メンバー:IKE (Vo) UZ (Gt/Prog) MOMIKEN (Ba) KENTA (Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-ああ、私の感覚としては、今までのSPYAIRは現状打破を歌いつつも、やっぱりどんなものも倒せちゃうような無敵のヒーロー感があって、いつも背中を押してくれる存在だったんですよね。でも「ファイアスターター」のSPYAIRは傷だらけになりながら、リスナーと肩を組んで"たとえ明日が見えなくても、どうにか現状打破していこうぜ!"と叫んでいて、それで胸にくるものがありました。やっぱり、すごく人間味がどんどん出てるなと思います。

UZ:あら(笑)。

-(笑)涼しい顔だけじゃないところが、生々しい熱さやエモーショナルではないかと。ここまで曝け出すことができて、それを強いパワーを持って体当たりで音楽にすることができているし。それをライヴで得たパワーと共に音源にしていることにも大きな意味があると思うし。バンド結成10周年にして、素直になれてるんだと思います。

UZ:ああ......たしかにそうですね。素直になってきてる感じはありますね。

-だから去年のお休みは、バンドにとって良かったんだと思いますよ。

IKE:おっと~、ここで戻してきたぞ~(笑)!

-ははは(笑)。そういうのもあってIKEさんのパートにもUZさんのパートにも入っている"生きてく意味"というワードが印象的だったんです。

MOMIKEN:"今このタイミングでバンドをやめたとして一体何ができる?"という話は休止中4人で毎晩のようにしてたと思うんです。"音楽やる? やらない? どうする"というところですね。音楽を辞めて普通に生活していくことに憧れがないわけじゃないし。だからフラットに"自分たちにとって何が明日生きていくうえでのやりがいになっていくものなのか?"そういう話をしてました。

IKE:2サビの歌詞の"生きてく意味をください"ね......投げやりじゃん(笑)!

MOMIKEN:人任せっていうね、"手にしてやるぜ!"ではなく"くれよ! あわよくば空から降って来い!"って(笑)。

-ははは。でも叶えたい夢や打ち込んでいるものがあって、"これが生きていく意味だと信じたい"と葛藤しながら戦っている人には、すごく響いてくる言葉たちだと思います。

IKE:曲で嘆くのは悪いことじゃないし。この曲にその先にあるかというと、"明日は見えない"し、"生きてく意味"もないんですよ。何もないけど、歌ってて共感するから。この曲を聴いて何かがあるように感じてくれたら、力になれるかもしれないですね。

-バンドみんなが思っていることが曲になっているというのも、説得力になるし。

MOMIKEN:そこは意識して書きましたね。今回はふたりヴォーカルがいるので、IKEパートではIKEの想いに寄って、UZパートではUZの想いに寄って。そういうふうに歌詞を考えていくと、バンドとしての4人のメッセージに変わっていくというか。そういうことを思いながら書いていました。

-そしてシンボリックなのが、イントロにもなっているKENTAさんのドラムだと思うんですよね。表打ちで"タン、タン、タン、タン"とすごく直球なリズムだけど、すごくインパクトがある。

KENTA:SPYAIRを始めてから、表打ちは敬遠してたビートだったんです。俺もUZもあんまり好きじゃなくて。でも音楽を始めて、バンドやって10年になって......そろそろそういうものもかっこよくやれる年齢になったのかなって、この曲を聴いた瞬間に思ったんです。表打ちから始まって、トリッキーなリフが乗って、サビでどっかん!と来て......デモを聴いて身体が震えたんですよ。それで作品にしてみると、全員の音が乗っかってすごく重みが出てるんで、かっこいい作品にできた達成感はありますね。結成してからこれまでに表に出てないデモを含めて数百曲聴いてきたけど、UZの表打ちの曲は一切なかったから"すげえのきた!"って衝撃が走ったし。

IKE:SPYAIRに表打ちはなかった。聴いたことなかった。だから叩けないと思ってた(笑)。初めてのKENTAを見たよ!

KENTA:さすがに叩けるでしょ(笑)! アレンジの一環として表打ちを使うことはあったけど、前面にこのビートを押し出すことは10年間一切なかったから。

IKE:次は2ビートっすかね(笑)?

-ははは。UZさんはなぜ表打ちを?

UZ:本来表打ちが好きかというと全然そんなことなかったんですよ。でもデビューしてから50曲以上作ってると"こういうもの作ってないな"というのがだいぶ限られてくる。表打ちはSPYAIRにないな、と思ってデモで打ち込んでみて。それは経験がでかかったのかもしれないですけど、これならかっこよくできるだろうなと思ったんですよね。新しいことに挑戦するというよりは、自然な感じでしたよ。だからこんなに(メンバーから)言われるとは思ってなかった(笑)。

IKE:いや、でもちょっと焦ったよ。プレイして2秒で"うっ!?"って(笑)。それくらい馴染みがなかったから。だからまず名前をつけるなら"表打ちの曲"だよね(笑)。

-歌詞にも音にも10年間やらなかったことが込められて、それがこれぞSPYAIRという曲になっているというのは理想的ですね。10年だから成し得ることです。そしてカップリングには2010年にリリースされたシングル『Last Moment』に収録されている「Just Like This」の再録音源である「JUST LIKE THIS 2015」が収録されているところもドラマチックで。

KENTA:そうですよね、これほんとドラマだなって。