MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

aquarifa × BLUE ENCOUNT

2015.04.15UPDATE

2015年04月号掲載

aquarifa × BLUE ENCOUNT

メンバー:aquarifa:岩田 真知 (Vo/Gt) BLUE ENCOUNT:高村 佳秀 (Dr) 江口 雄也 (Gt)

インタビュアー:荒金 良介 Photo by マツイイタル

-素直にアドバイスを受け入れて?

岩田:お願いしてる身でしたからね。"わぁ、もう帰りたい!"と思うときもありましたけど。

全員:ははははは。

岩田:同世代でバンバン言ってくれるのはこのふたりだけだったから。一時的に帰りたいと思ったけど(笑)、それでも良くしたいという気持ちがあったので。それが今のバンドで曲作りをするうえでも活きてます。自分が主導権を握って曲を作ることが苦手でしたからね。それができるようになったのは、専門学校時代にこのふたりに言ってもらえたことが大きいですね。だから、ためになったと思ってます。でも雑なアドバイスと思ってたんですね(笑)。

江口:当時の俺らは雑だと思ってないよ。今思い返すと、そうだったなと。

岩田:BLUE ENCOUNTはガンガン頑張っていたので、自分もやる気になるというか、刺激をもらえましたね。

-今、お互いのバンドに関してはどう見てますか?

高村:僕らとaquarifaは音楽性がまた違うので、最新作を聴いても普段やらないジャンルの知識を得ることができるから新鮮ですね。あと、単純に当時一緒にやっていたヴォーカルがCDを出して、お店を回ってる。その状況を見るだけで感慨深いですね。

-ちょっと親のような気持ちで。

高村:当時は卒業したら辞めちゃうんじゃないかという気持ちが僕の中にあったと思うんですよ。でも何年も続けて、お互いにCDを出して活動しているのはすごいことだなと。

江口:でもやっぱり妹みたいなところもあるので、絶対に追いつかれたくない気持ちはあるんですよ。

岩田:あはははは。

江口:それは岩田がaquarifaに入ったときから思ってます。"aquarifaには負けたくないな"と。

-BLUE ENCOUNTは十分活躍してるじゃないですか!

江口:いやいやいや(笑)。

高村:すぐに足下すくわれますからね。

江口:俺らは俺らで全力で走りつつ、当時の専門学校の関係が崩れるのは嫌だなと。そのためにも自分が頑張るためのカンフル剤になってます。

-負けず嫌いですねえ(笑)。

江口:例えば俺らが出たかったフェスにaquarifaが出たら、めちゃくちゃ嫌ですね。

岩田:えっ!? 嫌って言われた(笑)。

江口:嬉しい半面、俺らも出たい(笑)。負けたくない感があるんですよ。

高村:サポートしていたころと今では全然違いますからね。ステージに立つ岩田を見ると、バンドのヴォーカリストだなと。今は同じフィールドで闘ってる仲間ですね。

江口:今もナヨっとしてるけど、当時はこの20倍ぐらいナヨっとしてましたからね。

高村:50倍ぐらいじゃない?

江口:50倍か(笑)。最初は大丈夫かなと思ってたけど、aquarifaに入ったことで責任感が増してきたのかなと。

高村:めちゃくちゃ変わったよね?

江口:めちゃくちゃ変わった。俺が知ってる専門学生の中で1番変わった。