MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MUCC

2014.05.12UPDATE

2014年05月号掲載

MUCC

メンバー:逹瑯 (Vo) ミヤ (Gt) YUKKE (Ba) SATOち (Dr)

インタビュアー:KAORU

-歌詞を見ると、みんながシンガロングできるパートがあったりしますね。例えば "HEY! DANCE! MASH! MORE!""HEY! MOSH! MOSH! MORE!"という部分とか。MUCCのライヴに、いわゆるモッシュノリのお客さんはたくさん来ますか?

M:曲によりますね。速いメロコア的なモッシュは得意なんですけど、メタルのモッシュとなると苦手ですね。最近はウォール・オブ・デスをやるようになったりしてますけど、わりとハーコーノリを知らないんですよ。だからそういう遊びも教えたいという思いもあるし。MUCCのお客さんは団結力が強いので、1回ノリが決まるとそれをずっとやり続けるんですよ。でも、もっと面白い景色があると思うし。まぁいろんな人がいるので、静かに観たい人もいれば激しくノリたい人もいるし。その場その場で。

-今ラウドな音を鳴らしているヴィジュアル系のバンドが増えてきていますけど、ライヴでファンがモッシュノリになっちゃって楽しめなくなったという声もしばしば聞くんですよね。そういうことに対する懸念はありませんか?

M:今のMUCCのお客さんにあまりそういう人はいないんじゃないかな。自由に楽しむということに対しては何も言うつもりはないですけど、ノリを決めちゃうっていうのはやっぱり面白くないと思う。散々言われましたよ。10年前に"もっとダイヴとかしたら楽しいよ"って言ったら、"人の上に上がるなんてあり得ない、怪我したらどうするの?"って。もう、すっごい言われましたね。

-まあ文化の違いというところなんでしょうか......。

M:文化の違いも含めて、ぶつかり合うことも楽しみのひとつじゃないですか。自己主張だけ、自分の意見を言うだけっていうのはつまんないと思う。

-「ENDER ENDER」はシンセもせわしなく入っていますが、ミヤさんが入れたのですか?

M:いや、今回はDJのJaQwaと一緒に作ってます。彼には「Mr.Liar」のリミックスもしてもらって凄くいろいろいい感じだったんで、今回はがっつり制作の段階から関わってもらっていますね。

-チューニングは「Mr.Liar」より更に下げてますか?

M:うん、下げてます。3音下げですね。2音下げのドロップ・チューニングなんですけど。A#です。

-ギターのチューニングを下げまくるとベースが辛くなるという話も聞いたことがあるのですがそれについてはいかがでしょうか?

M:昔だったら混ぜ込むのが難しかったんですけど、最近は柔軟なので、使う楽器を変えたりすればわりと混ざりやすいですね。うちらは元々7弦と5弦を使ってるので、最低チューニングがBなんですよ。そこから半音下げてるだけなので、あんまり違和感はないですね。

-逹瑯さんはこの曲の歌詞を作るにあたってどのような意識や思いを込めたのですか?

T:リーダー(ミヤ)が最初に歌詞を書いてて、その後に俺にも書いてみてってオーダーがきて。1個こういう感じっていうのがあるんだったら、俺は俺で好きに書いてみよう、ボツになってもいいしと思って。それで好きに書いていたら方向性が似ていたので、いいとこ取りで組み合わさっていましたね。