MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FABLED NUMBER

2013.12.06UPDATE

2013年12月号掲載

FABLED NUMBER

メンバー:N'Taichi (Ba/Cho)

インタビュアー:小林 詩央里

-激ロック初登場なので、結成の経緯を教えてください。オフィシャル・サイトには"N'Taichi & N'Eita兄弟率いる"と書いてありましたが、おふたりが中心となってメンバーが集まったのでしょうか?

そうですね。僕ら兄弟はこれまでも共に音楽をやっている流れで、本気でバンドをやれるメンバーを探していて2012年の6月に現メンバーの6人体制になりました。

-FABLED NUMBERというバンド名にはどういった意味が込められていますか?

FABLED(物語、寓話、伝説) 、NUMBER(楽曲、人、数字)。 簡潔に言うと"歴史に残るような楽曲を生みたい・バンドでありたい" という志により命名しました。

-今回のアルバム『Might makes right』で全国デビューとなりますが、今の心境を教えてください。

ドキドキワクワク×1000ですね。まだ僕らFABLEDを知らないリスナー皆さんに早く届けたい思いが強いです。

-ロック、エモ、ダンス、エレクトロなど多ジャンルを融合したサウンドが特徴的ですが、メンバーみなさまの嗜好が音楽性に反映されているのでしょうか?影響を受けたジャンルやアーティストを教えてください。

ジャンルを上のように文体で表すと多くなりますが、いたってシンプルなんです。ロックは"生のバンド・サウンド"、エモは"メロディ・メイキング"、ダンスとエレクトロは"ドラムや鍵盤のリズム・アプローチ"を表しています。これらは一貫的で、どれも僕らにとってなくてはならないもの。多要素で楽曲を制作しようとは全く思っていないんです。ロック、パンク、エモやEDMはもちろんですが、R&Bやソウルにもとても影響を受けました。それこそロック・バンドではFALL OUT BOY、JACK'S MANNEQUIN、THE STARTING LINE等ですね。EDM、R&B、ソウルではSWEDISH HOUSE MAFIA、Zedd、Michael Jackson、Chris Brown、MAROON 5、P!NK、Ne-Yo、Usher、Katy Perry等。挙げるとキリがないです(笑)。全てのアーティストに共通しているのがヴォーカル・メイキングのセンスがずば抜けているところですね。歌詞に対するリズム&ライム&ビート感が半端ないです。輪をかけるように楽曲の良さがある。その辺りは特に刺激になるところですね。

-2012年に自主リリースされた『Fisherman's Profit』では、FALL OUT BOYやJustin Bieberのカバーもされていますね。やはりその辺りからの影響も大きいのでしょうか?

そうですね。やはり制作レベルが高いです。ヴォーカル・メイクも楽曲もサウンドも。刺激になるアーティストのカヴァーやリミックスをすることで自分たちのモチベーションの向上に繋がってるのでこれからも続けていきたいですね。