MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FABLED NUMBER

2013.12.06UPDATE

2013年12月号掲載

FABLED NUMBER

メンバー:N'Taichi (Ba/Cho)

インタビュアー:小林 詩央里

-どの曲もシンセ・アレンジが特徴的ですが、シンセ・パートはどのように作られていますか?

多種に渡る音色をキーボードのChii,lulupucchi(通称:チィさん)に提示してもらいながら聴いていき、その音の声みたいなのを聴きます。この辺りはとても抽象的ですが(笑)。音色を聴けば頭にパッとフレーズ・イメージが流れるのでその中から絞っていき、最終的な勝者の音色が晴れて曲で起用されることとなるのです。音色は選手です!

-活動拠点は大阪とのことですが、レコーディングも大阪で行われているのでしょうか?

レコーディングは京都です。

-大阪はラウドロック・シーンなどに盛り上がりを感じますが、大阪の音楽シーンについてはどのようにご覧になられていますか?

おっしゃる通り、確かにラウドシーンが強いと感じます!そのシーンの大阪のお客さんってめちゃ熱くてエネルギーがあるんです。これって最高だと思います。僕らの音楽はラウドと位置づけるのは少し違います。しかしライヴ・ステージにおいては"ガチアゲ"のスタンスを突き通してます!求められていると感じるからとかでなく、これは僕らの人間の本質的なところが全面に出ていますね。

-大阪出身のおススメのバンドがいましたら教えてください。

THE GAME SHOPです。

-Tシャツやパーカー、ラバー・バンドなどのグッズも多数作られていますね。どれもとても素敵ですが、デザインはどのようにされているのでしょうか?

ドラムのMr.Donuld Betch(通称:ベッチさん)が全てデザイン制作を担当しています。

-最後に、激ロックを見てFABLED NUMBERに興味を持ったリスナーにメッセージをお願いします。

まず、最後まで読んでもらいましてありがとうございます! 一度聴いてみて下さい。それであなたの何かが変化すれば、それは僕らにとって大事な1歩となるはずです。音楽を鳴らすことは届けること。互いにとって最高のキャッチボールが出来れば良いですね。