MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Aldious

2013.05.15UPDATE

2013年05月号掲載

Aldious

メンバー:Re:NO (Vo) Yoshi (Gt) トキ (Gt) サワ(Ba) Aruto (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-歌詞は何かしらのテーマ性、もしくは、アルバム全体を通して伝えたいメッセージはありますか? 

Re:NO:精神状態が毎日違うように、その日もらった曲はその日その時の感情で書くのでアルバム全体を通すとストーリーはバラバラです。Track.5の「Escape」の歌詞は“NG出されるんじゃないか”と思いながら当時の本音を書いたんですが、メンバーはこの詞を受け入れてくれました。Track.8の「Raise Your Fist」はもうライヴでみんなに拳をあげて飛び跳ねてもらいたいです!! Track.10の 「Re:peatedly」は「Escape」とは対象的で“奏で続けていくから〜”と前向きな歌詞になってます。「Re:peatedly」も「夜桜」もライヴで掛け合いしながら歌いたい曲なのでみんな覚えてきてほしいです!! あと、歌詞の内容等は聴いてくれた方の好きなように捉えてもらえたら嬉しいです。

サワ:「Misty Moon」では私が作詞もしていますが、表のテーマはタイトルの通り“月”をテーマにしています。実はさらに裏のテーマもありますが歌詞から読み取ってみて下さい(笑)。

-アルバム名の『District Zero』には、どんな思いを込めているのですか?

Yoshi:“出発点”という意味です。3枚目だけど出発点。Re:NOがヴォーカルになってからのAldiousを確立していかないと、と思っているので、そういう意味で過去の自分たちを超えないといけないし新たなスタートを切るってことですね。

トキ:“Aldious、ここから出発するぞ!”という感じです。

Re:NO:ココからが自分にとってやっとのスタートなので不安な気持ちも希望も全て詰め込んだ作品になったと思います。

-話は変わりますが、最近聴いてる音楽や、好きなアーティストやアルバムなどがあれば教えてもらえますか?

Yoshi:今回共同プロデューサーだった木下さんのバンドSaber Tiger『MESSIAH COMPLEX』ですね。レコーディング・スタジオに向かう車はずっとこのアルバムでした(笑)。

トキ:頭の中がぐちゃぐちゃになったり、モヤモヤしてる時は、ずっとマキシマム ザ ホルモンを聴いてました(笑)。すっきりします。 Re:NO:Aldiousの曲は激しいので1人の時は中島みゆきさんや浜田省吾さんを聴いたりもします(笑)。普段はTHE PRETTY RECKLESSやFLYLEAF、EVANESCENCEやTHE TING TINGSをシャッフルで聴いてます。MARILYN MANSON、Sheryl Crow、FREAKY FRIDAY 、THE RUNAWAYS、RADWIMPS、Coccoも大好きです。

サワ:最近はずっとボーカロイドばかり聴いています(笑)。しかしメタル愛も変わりません!

Aruto:最近は『District Zero』と……(笑)、あと癒されたいときにU2のベスト盤をしんみり聴いています。

-今作のレコ発ツアーではどんなパフォーマンスを見せようと思っていますか?

Yoshi:あまり言うとネタバレになるのでアレですが、世界観のあるライヴにしたいですね。

トキ:普通の人間には出来ない様な動きをマスターしておこうと思います(笑)!

Aruto:何が起きるかわからなすぎて怖い(笑)。

サワ:ピラミッドヘドバンなど組体操を取り入れた、アグレッシヴなパフォーマンスを……いつかできたらいいなあ(笑)。

Aruto:Yoshiが言うように、Aldiousの世界観や“らしさ”をアプローチ出来るステージに出来ればいいなとは思います。

Re:NO:その日の気分で決めます。

-最後に激ロック読者にメッセージをお願いします。

Yoshi:『District Zero』は昔のAldiousを知ってる人と知らない人で捉え方が結構変わってくるかもしれません。だからこそ聴いてほしい作品です!

トキ:Aldiousのアルバム発売ツアーには絶対に来てください☆ 私たちもそれまでにレベルを上げて最高にライヴを盛り上げてみせます。

Re:NO:沢山聴いて覚えてライヴに暴れにきてください!!

サワ:今回のアルバムでは私がAldiousに加入して初めて音源化する曲も入ってます★ ぜひいっぱい聴いてライヴで一緒に歌ってね!!

Aruto:えー、Re:NOを迎えての初アルバムとなる3rdですが“Aldiousらしさ”が詰まった1枚だと思います!ぜひご愛聴下さい!