MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MUCC

2012.11.30UPDATE

2012年12月号掲載

MUCC

メンバー:ミヤ (Gt/Vo)

インタビュアー:MAY-E

-その「フォーリンダウン」以降、ムックは予測不可能な存在になったと思うんです。そういう感覚って、バンドの中にもありましたか?

単純に、俺たちはいろんな音楽が好きなおっさんなんですよ。他の人にできることはやりたくないと思うし、いろんなジャンルのバンドと対バンするのも、単に好きだからなんです。“あり得ない組み合わせだけど一緒にイベントやったらヤバくない?”っていう、そういう単純な発想だったりするんで。他にそういうことをやっている人があまりいないですし。

-変化を必要としていた時期だったんでしょうか?

その時々で、好きな音楽って変わるじゃないですか。それなんですよね、ムックの音楽って。気分っていうのかな。激しい曲が聞きたい日もあれば、レジェンドっぽいものが聞きたいなとか、UKっぽいものが聴きたいなとか、日本の音楽が聴きたいなとか。ころころと変わる気分に比例しているだけなんですよね。自分の人生の記録っていうか。歌詞にしてもそう。その時歌いたいことだったり、やりたい音楽だったり。日記みたいなもんです。人間、年を重ねていくうちに歌いたいことも変わるし、視点も変わる。若い頃にしか見えないものももちろんあるし、逆に30歳を超えてからじゃないと見えないものもある。自分を映す鏡というか。

-ミヤさんのバックグラウンドが、ムックの方向性にダイレクトに反映されているということなんですね。

うん。でも、俺以外にもメンバー全員曲を書くし、俺が中心になってやっているだけですよ。全員が全員、バラバラな感じの曲を作るんですけど、元になっているのは俺らがガキの頃に聴いてきた日本の音楽なんですよね。洋楽も好きでよく聴くんですけど、やっぱり日本人だから日本人にしかできないメロディとか曲の雰囲気が好きなんですよ。アメリカ人じゃないからブルースが染みついている訳でもないし、日本語じゃないと表現できない言い回しとかもあるじゃないですか。雰囲気とかね。そういう日本人らしさを、激しい音楽にどれだけ乗せられるかを考えています。海外みたいにとは言わないですけど、子供が当たり前にそういう音楽を聴ける国にそろそろなってもいいと思うし。今の時代、何でも聴ける訳じゃないですか。でも、日本って文化的にそうじゃない感じがするし。それが日本の個性だとは思うんですけど。

-確かに。

ムックを始めた頃は、ラウドロックがすごく好きで、もっともっと日本でもこういう音楽が上がってきて、いろんな楽しみ方が増えるようになるといいなぁと思いながらやっていて。おじいちゃんと孫が同じTシャツを着てライヴを見に来るような場面って、日本じゃあまりないじゃないですか。向こうだったらそんなの当たり前にあるし。そういう楽しみ方も出来る国だったらいいのになぁと思うことはありますね。

-日本のシーンを底上げしたいという思いでしょうか。

そこまで大それたことではないんですけど、でも、もっと認知されたらいいなとは思います。

-そうですね。少しずつですが、日本のロック・シーンも変わっていているように感じます。

うん、実際にそうなってきてはいると思うんですよ。フェスも前より増えたし。皆、器用ですよね、すごく。なんでもアリだし、なんでもすぐにできちゃう。逆に、昔のハードコアの無骨さはなくなったとも思うんですけど。

-確かに。スタンスとして、ミヤさんが尊敬できるアーティストはいますか?

そうだなぁ……Jack White(※THE WHITE STRIPES等)かなぁ。

-日本ではどうですか?ジャンルを超えて共存しようとしている若いバンドも増えてきましたけど。

うん、最近は若い子たちの振れ幅がほんとに広くて、器用で、面白いバンドが多いですよね。中でもROACHは好きです。あいつらの根本的な部分が。ROACHって、激しい音楽をやっていますけど、日本人ならではのことをやれている感じがする。外タレのコピーじゃないところが、俺は大好きで。

-へえ。ただの後輩バンドだからじゃなく、そういうリスペクトする気持ちを持って可愛がってあげているんですね。

うん。尊敬できるバンドはたくさんいますけどね。

-こういうシーンがもっと広く認知されるようになれば、日本も変わると思います。

そうですね。例えば、外国人に“日本のメタルのバンドで一番かっこいいのは誰だ?”って聞かれたら、なんて答えます?

-そうですねぇ……UNITEDでしょうか。ヴォーカルさんは外国人ですけど……。

そう、結局そういう上の世代になるじゃないですか。俺もLOUDNESSくらいしか思い浮かばないんですよ。“売れてるメタル・バンドは?”って聞かれても、若いバンドが思い浮かばない。メタル・バンドになるかは分かりませんけど、マキシマムザホルモンくらいしか出てこないですからね。