MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

HAWAIIAN6

2012.11.05UPDATE

2012年11月号掲載

HAWAIIAN6

メンバー:YUTA (Gt/Vo) RYOSUKE (Ba/Cho) HATANO (Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-なるほど。本当に“新しいスタート”だったんですね。

Y :感覚としては、新しいバンドくらいの気持ちでいますね、今でも。

-RYOSUKEさんは加入したときは、こうしたいっていう具体的な思いはあったんですか。

R:もともとファンだし、今でもファンはファンなんですけど。ファンには、僕の好きなHAWAIIAN6はこうだっていうのがあるじゃないですか。多分、それなんじゃないですかね。たくさんのお客さんの中の1人で、すげえうるせえ客がいて。“こうしろ、ああしろ”って言うのがたまたま僕だったと思うんですよね。はっちゃんも、YUTAも、昔からオフの時も遊んだりする仲なので。これはあからさまにイヤだろうなっていうことは、もちろん言ったつもりもないというか。HAWAIIAN6がHAWAIIAN6のままでいつつも、僕がそこの中に組み込まれた三角形になれるようにするためには、どうしようかなっていうのは考えながらやっていたんですけども。はっちゃんが言ったみたいに、2人が意見を聞いてくれていたので。“こんな感じは?”っていうのは、じゃあそれはやってみようかみたいなことでしたね。

-曲を作る上で、プロセスの変化もありましたか。

H:全く違うやり方で曲を作るようになりましたね。今までは、YUTAがネタ出ししたものをどうですかっていうのがあって、僕がそれを聴いて、“らしいんじゃない?”とか“らしくないんじゃない?”っていう話をしていたけど、それを今はYUTAとRYOSUKEが2人でやっていて。僕は今回の作品に関しては、変な話、何も言わずにちょっと遠くから見てるくらいの感じで。新しいやり方で、新しいものが生まれるのを遠くからどうなるんだろうなあとワクワクしながら見てたっていうか。本当に違うバンドなんですよ、だから。同じ名前で、同じ人がネタを出してるんだけど、やってることは違うバンドかなって。そうであるべきだと思っているし。

-2人では、どのように曲作りを進めて行ったんですか。

Y:基本はだいたい僕が作るのは一緒なんですけど。なるべく、一緒に作りたいなっていうのがあったので。結構早い段階で聴いてもらって、意見を求めたりして。全然、今まで出てこなかったアイディアとかが出てきたりして。何か少しずつ変わっていった感じですかね。

-今までになくHAWAIIAN6ってこういう音楽をやっているんだっていうのを、客観的に見る機会にもなりますよね。

Y:そうですね。それもあるし、こうしたいっていう結構明確なものもがあったので。そういう意味ではすごく、それが分かってからは作りやすかったのはありますね。

-歌うテーマに関しては、あまり変わりませんか。

Y:基本的には変えてないんですけど、本当にいろんなことがあったので。今までよりも、目の前にある事実というか、それを歌うのが自分にとって1番自然なことだと感じたので。今までとは少し違うのかなっていう気もしますけどね。

-全体を通して、生きることや生活していくことっていうのが色濃いですよね。そういうことが今、歌うべきことだっていう?

Y:1曲、1曲テーマがあったり、言いたいこととかはあるんですけど。最終的にすごく、希望みたいなものが浮かび上がってくる感じですかね。それも全部できあがってからの話で、見えてきたものなんですけど。

-この1年間なり、前作からの間で見たもの、感じたものが落とし込まれている?

Y:そうですね。なにより、震災があったりとかそういうことが大きかったと思いますけどね。

-そこで歌詞や歌うこと、バンドをやることをもう1度意識し直すことがあった?

Y:そういうことではないですけど。本当にそれが自分にとって目の前にあったことだったので。それを歌いたかった感じですかね。

-RYOSUKEさんはいかがですか、今回のなかで1番こうなったら面白くなるじゃないかっていうことでアプローチしたことはありますか。

R:今回の6曲になる前に、1曲作った曲があるんですけど。それは、ツアーのときに1回だけやったのかな。バンド組みたてのヤツが作るような曲を作ったんですよ。“これやるの?”っていうような感じの曲で。僕は、1回リセットしたかったというか。HAWAIIAN6として、1枚目を作って、2枚目を作って、3枚目を作ってっていう中で、かぶさっていくなにかがあると思うんですよね。この楽曲を超えなきゃいけないとか。そういう着飾ったものを1回脱いでもらいたかったんですね。それで、丸裸になったところで1stには戻らないと思うんです。年食ってるんだし、いろんな人生の経験をしてきた上の、裸になった状態から作りたかったので。“これありなの?青臭くね?”って言われてる曲を、“1回やっていいかな”みたいな感じで、ツアーでやってみて。それを作ったときに、YUTAには“マジかよ!?”みたいな感じですごい言われたんですけど(笑)。でもなんか、その曲が最高なんだっていうよりは、1度そういう頭で作ってもらいたかったというか。で、YUTAも別で自分のバンドをやったりしているので、プログレッシヴな部分とかはそっちで出してもらって(笑)。HAWAIIAN6っていう集合体になった時は……僕のファン代表としての思いかもしれないですけど、こういう楽曲の軸で進めていきたいなっていうのはなんとなくあったので。その頭で作ってもらいたいんだけど、っていう話はしたんですよね。その後YUTAがネタを作ってくれたのを聴いたら、その時点でだいぶ変わっていたというか。“そうそうそうそう!”っていうのがあって。すごいシンプルだったんですよね。シンプルなものってその人の持った才能がそのまま出るじゃないですか。それが好きだったし、10何年前からこいつの曲を知ってるから。“懐かしい!”っていう感じで。もう元のネタだけで、最高っていう6曲だったんですよね。