MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BURY TOMORROW

2010.05.10UPDATE

2012年07月号掲載

BURY TOMORROW

メンバー:Adam Jackson(Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-あなた方はまずは本国UKのインディ・レーベルであるBASICK RECORDSからリリースしましたね?バンド結成からBASICK RECORDSとの契約までの経緯を教えていただけますか?

2006年からイギリス国内のあちこちで精力的にライヴ・パフォーマンスをやっていたんだけど、ギターのMehdiがバンドに入った2008年1月からレーベルを探し始めたんだ。
残念ながらしばらくは良いレーベルにめぐり逢えなかったんだけど、2009年になってようやくBASICK RECORDSと契約を結ぶことになったんだ。
BASICK RECORDSの人たちはライヴに来てくれて俺達のパフォーマンスを気に入ってくれたんだ。その後、アルバムの楽曲制作とスタジオ・レコーディングを行って『Portraits』が出来上がったんだ。

-その後、USAの大手マネージメント会社であるARTERY FOUNDATIONと契約を結び、ARTERY RECORDINGSからリリースに至った経緯を教えてください。

昔イギリス国内でアメリカのバンドSCARS OF TOMORROWとライヴで共演したことがあったんだ。そのバンドのヴォーカリストがその後ARTERY FOUNDATIONのマネージャーになったんだ。彼は1st EPのジャケットのアートワーク制作に協力してくれたんだけど、その後2009年後半頃に俺達がMyspaceで公開している楽曲を聴いてくれて俺達と契約することについて俺に連絡をしてくれたんだ。
同じ頃DaniはARTERY FOUNDATIONの別の人とメールのやりとりをしていて、俺達が正式にARTERY FOUNDATIONに入ったのはそのときなんだ。
それからARTERY FOUNDATIONはレーベルARTERY RECORDINGSを立ち上げて、アルバム『Portraits』をアメリカでリリースする契約を交わしたんだ。とても幸運だったと思うよ。

-ARTERY FOUNDATIONにはATTACK ATTACK!、THE DEVIL WEARS PRADAなど今最も勢いのあるバンドを多数抱えていますが、マネージメント内のバンド達とは付き合いはあるのでしょうか?

ARTERY FOUNDATION主催のアメリカでのツアーをちょうど終えたところだったんだ。ATTACK ATTACK!、 BREATHE CAROLINA、I SEE STARS、ASKING ALEXANDRIAと共演したよ。彼らと良い友達になることができて素晴らしいツアーだったよ。ARTERY FOUNDATIONは一つの大家族みたいなものなんだ。

-あなたがたは今現在ALESANA、A SKYLIT DRIVEとツアー中とのことですがツアーは順調に進んでいますか?またお客さんの反応はいかがですか?

とても良い感じだよ!アメリカで長期間ツアーを行った後だったから故郷のイギリスに戻ってプレイするのは楽しかったよ。今はヨーロッパの他国でツアーを行っているんだけど観客の反応は良い感じだね!!
イギリスのキッズからもとても良い反応をもらえたし前回のツアーと比べて俺達にどれだけ注目してくれているかがよく分かったからうれしかったよ。共演しているバンドのみんなも良いヤツらばかりだし楽しんでツアーをやっているよ。

-それではファースト・アルバム『Portraits』の話に移らせていただきます。このアルバムは2009年9月にUKでリリース、そしてジャケットを変えて、3曲追加収録して2010年3月にUSリリースとは大分変則的なリリースとなりましたね?
ARTERYとの話し合いからこのようなリリース形態を取ったのでしょうか?

そうだよ、ARTERY FOUNDATIONと話し合って決めたんだ。イギリスでのリリースとアメリカでのリリースでかなり期間が空いていたから、既にアルバムを持っているっていう人も多いだろうと思ったし、ボーナス・トラックを収録したりジャケットのアートワークを変更したりした方が良いだろうと思ったんだ。
既にイギリス盤を持っている人達にも興味を持ってもらえると思うし、もちろん新たなファンの人達にも魅力のあるものになっていると思うよ。たくさん曲を収録しているからね!

-追加した3曲はいつレコーディングされたものでしょうか?

去年の11月に楽曲制作とレコーディングを行ったんだ。かなり慌しい作業になったけど、出来上がったものにはとても満足しているよ。元々アルバムに入っていた楽曲の中にはかなり古いものもあったから、新たに楽曲を制作して良いものに仕上げることができたのはうれしかったよ。楽曲制作のポテンシャルも向上したと思うしね。2ndアルバムに向けて良いステップになったと思うよ。

-また日本盤にはボーナス・トラックとしてRicky Martinのヒット曲「Livin' La Vida Loca」が収録されていますね?これは日本盤のみに収録しているものなのでしょうか?

そうだね、今のところ他ではリリースしていないんだ。だから日本のみんなに聴いてもられるのは本当にうれしいんだ!!レコーディングもとても楽しかったしね。

-BURY TOMORROWとは全くタイプの違うこの曲をカバーしようと思ったのはなぜでしょうか?A STATIC LULLABYのBritney Spearsの「Toxic」に対抗したとか?

以前からずっとこの曲のカバーをやりたいと思っていたんだ。俺達独自のひねりをきかせたアレンジを施したらかなり良い感じになるんじゃないかと思ったんだ。Jasonの声が良く合うんじゃないかと思う力強いコーラス・パートがあったし、せっかくだから曲をもっと良いものにするためにリフやブレイクダウンを追加しようと思ったんだ。それからすぐスタジオに入って作業を始めて思った通りの良いものに仕上げることができたんだ。
A STATIC LULLABYのカバーには直接には影響は受けていないけど、最近はポップソングを素晴らしくカバーするバンドがたくさんいるよね。だから俺達もやってみようって思ったんだ。