MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FACT

2008.12.31UPDATE

FACT

メンバー:HIRO (Vo) / TOMOHIRO (Vo&Ba) / TAKAHIRO(Gt&Cho) / KAZUKI (Gt&Cho) / EIJI (Dr&Cho)

インタビュアー:MAY-E

-メジャー契約おめでとうございます。

一同:ありがとうございまーす。

-ELLEGARDENやマキシマムザホルモンなどの活躍もあって、メジャーもインディーもリスナーにとっては差を感じない時代になってきてはいますが、メジャー契約に踏み切った理由は?

KAZUKI(以下:K):新しいファン層を獲得したかったから。それのみです。あと、二人(※A&R)の熱い思いですね(笑)

-A&Rのお二人とはどんな出会いだったのですか?

TOMOHIRO(以下:TO):以前、彼のバンドとFACTが対バンしていたこともあって、もともと知り合いではあったんですよ。で、ブリオンから出ていたアルバム「Never Turn Out the Light to Keep Myself」を聴いてくれて、連絡をもらって、それからですね。当時はメジャーなんてぜんぜん見ていなかったんで。
EIJI(以下:E):だけど年齢も年齢だし、一度くらいやっておかないとなぁっていう気持ちもあった。

-声をかけられた時はどんな気持ちでしたか?

E:驚きましたねー。いけるのか!?っていう(笑)
一同:笑
E:どっきりかと思ったよね(笑)
A&R:最初に話をしてから大分時間は経ったよね。最初はみんな、冗談だと思っていたもんね(笑)
一同:笑
E:夢遊病かと思った。夢の中からそのまま来ちゃったんだって(笑)

-(笑) インディーとメジャーでは大きな変化などありましたか。

K:音に関していえば、やりたいことが出来る環境を与えてもらっている感じですね。レコーディングの設備から、音楽を作ることの全てに関して。

-リスナーの中には、インディーだからこそかっこいいという考えを持っている人もたくさんいますよね。

K:うん。だけど、インディーがかっこいいとかメジャーがかっこいいとか、そういう考えがそもそもおかしくて、かっこいい音楽っていうのはどこから発信されていてもかっこいい訳で。作り出す俺たちはあまり変わりはなくても、俺らと外の間に立って、外に向けて発信してくれるレーベルがどこまで届けてくれるのかを考えたときに、ここなら今までとは違うシーンまで自分たちの音楽を広められるんじゃないかと。

-インディーで限界を感じた部分はありますか?

TO:インディーで限界を感じる、というよりも、今はメジャーにいくことによって可能性をより広げていけるだろうと考えていますね。

-バンドとして理想的なステップアップではないかと思うのですが、今どんなお気持ちですか?

E:わくわくしてます!
一同:笑

-99年のFACT結成時からメジャー・デビューや海外での活動は視野に入れていたんでしょうか?

TO:海外は見ていたよね。
K:うん。スタジオの帰り道にバンドのサクセスについては語ることもあったね。あの時話していた通りの道のりを歩んできているんじゃないかなぁ。あの時言っていたことがだんだんと現実になってきているよね。
TO:うん、そうだね。

-結成してちょうど10年目にメジャー契約となるわけですね。そのメジャー契約第一弾アルバム「FACT」を早速聴かせて頂きましたが、とても斬新なサウンドで、楽しませて頂きました。

一同:ありがとうございます。

-極めてポップなサウンドと、逆に極めてへヴィーなサウンドの両極が一枚のアルバムに存在している点が素晴らしいなと思いました。この辺のバランスは難しくなかったですか?

K:けっこう適当っす!
一同:笑

-そうですか(笑)時間をかけて、計算して作られたアルバムなのかなぁとも思ったのですが。

K:計算はしてないよね。
TO:うん、時間もそれほどかかってないし。
K:どちらかと言えば、前のアルバムの方が計算はしていたんじゃないかなぁ。

-このようなエレクトロニックなダンス・ミュージックの要素は誰のアイデアで?

E:うーんと、どちらともなく・・・自然に・・・そういう流れで・・・自然にそういう流れです。
一同:爆笑
K:だけど、メジャーになったからポップになったって思われるのだけは嫌ですね。そう思われたくないから、へヴィーなものも意識して取り入れた部分も多少はあるかもしれない。