MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SCHECTER 特別コラボ企画インタビュー(FACT)

2008.03.11UPDATE

SCHECTER 特別コラボ企画インタビュー(FACT)

メンバー:TOMOHIRO (Vo&Ba) / TAKAHIRO(Gt&Cho) / KAZUKI (Gt&Cho)

インタビュアー:TETU★KID

-まず簡単な自己紹介をお願いします。

Tomohiro(以下To):はじめまして、Ba.をやっているTomohiroです。よろしくお願いいします。
Takahiro(以下Ta):はじめまして、Gt.のTakahiroです。
Kazuki(以下K):どうも、Gt.のKazukiです。

-最近チェックしたバンドとかありますか?

To:まだ聴き込んではいないのですが、一番最近にチェックしたのはPROTEST THE HEROですかね。それ以外は最近はハウスとかの打ち込み系の音楽を聴くことが多いですね。激しい音楽はあまり聴かなくなりましたね。
Ta:Tomohiroと同じで最近はあまり激しい音楽は聴かないですね。
K:(メンバーが聴いている音楽が)ロックじゃなくてすいません。そんな俺も最近は録ったばかりのプリプロのドラムパターンばかり聴いています(笑)

-1999年バンド結成ということですが、バンド結成のきっかけ、現在までの簡単な経緯を教えてもらえますか?

Ta:9年間やってるから・・・うーん、簡単に言うならなんだろうな・・・?
K:まぁ、ゆっくりマイペースでやってきてます。
一同:(爆笑)
To:結成のきっかけは、たまたまみんなバンドが解散したり、脱退したりっていうタイミングが重なって、お互いに声を掛けたり掛けられたりっていうのが始まりですかね。
K:別に狙ってこの人とやりたいって言う訳ではなく、自然に楽器をやっているメンバーが集まったって感じですかね。

-メンバー内で最初に出会ったのは誰と誰だったんですか?

K:本当に遡れば俺とTakahiroは中学の頃からの友達でずっと一緒にバンドをやってきた仲なんですよ。
Ta:そうですね。FACTを結成するだいぶ前からの付き合いになります。
To:結成当初は今のVo.はいなくて、途中で加入して現在のメンバーになったって感じですね。

-STRUNG OUTにDILLINGER ESCAPE PLANの狂気をプラスしたような音と紹介されていますが、それに関して御自身ではどのように感じますか?

K:そうですね。その二つのバンドにはかなりの影響は受けてますね。目標にしているわけではないですが、FACTが作る音楽の一部にはなっているとは思いますね。

-影響を受けたアーティストを教えてください。

K:俺はVAN HALENかな。あのバンドを聴いてギターが格好良いなと思ったんで思い出深いですね。
Ta:俺も楽器を始めたころはブライアンセッツァーからはかなりの影響を受けましたね。

-そうなんですか!?お二人とも今のFACTさんの音楽性からは想像できませんね?

K:そうですよね。特定のバンドが好きでしょうがない、かなりの影響を受けたっていうよりも本当に様々な音楽を聴いてきましたね。そこからこれは格好う良いなと思う部分をある意味選んで吸収してきたという感じですね。
To:僕の場合、ヘビィーな音楽を聴くきっかけになったのはRACER-Xでしたね。そこから洋楽を聴くようになってという流れになるので、今思うと影響というよりは洋楽の入り口になったバンドですね。

-TomohiroさんはRACER-Xを聴く前は何を聴かれていたんですか?

To:RACER-Xに出会ったのは中学生だったのでそれに出会う前というとやっぱりJ-POPですね。チャゲ&飛鳥とか聞いてました(笑)
K:俺は島倉 千代子を聴いてましたよ!

-島倉 千代子からどうやってVAN HALENに興味が移ったんですか?

K:両方とも友達の影響ですね。島倉 千代子は厳密に言うと友達の母親からの影響なんですが(笑) VAN HALENは友達の兄貴がビデオを持っていて見せてもらったのが初めてたんですが、ボーカルよりもギターが目立っているっていうことが衝撃でしたね。ギタリストの名前がバンド名ってところにもビックリしましたね。

-FACTの最大の特徴として絶叫ヴォーカルとクリーンヴォーカルの掛け合い、大胆な曲展開にあると思うのですが、曲は主にどなたが作っているのでしょうか?
各自アイデアを持ち寄ってくるのでしょうか?

To:ギタリストコンビが中心になって楽曲を作って来て、それをスタジオで全員で合わせながら作ることが基本的に一番多いですかね。
K:そうですね。でも最初に持ってくる楽曲は俺が一人で作ることもあるし、Takahiroが単独で持ってくることもあるんですよ。