MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SCHECTER 特別コラボ企画インタビュー(FACT)

2008.03.11UPDATE

SCHECTER 特別コラボ企画インタビュー(FACT)

メンバー:TOMOHIRO (Vo&Ba) / TAKAHIRO(Gt&Cho) / KAZUKI (Gt&Cho)

インタビュアー:TETU★KID

-曲数はどれくらいを考えているんですか?

K:プリプロは17曲ほど録っているのですが、全部が使われるかというのはまだ未知なところではありますね。
でも楽しみにしてもらって損はないと思いますよ。

-楽器の質問に移らせてもらいます。

-ギター&ベースを始めたきっかけを教えてください。

K:俺は14歳か15歳で始めました。たぶん中学2年生くらいのときかな。そのくらいの年齢の男の子ってとにかく目立ちたくて、ヤンキーになる奴もいれば部活をすごく頑張って活躍する奴もいたんですね。そんな中で俺はうまくギターに出会えて、まぁ女の子にモテたいからなんかやんなきゃなぁって気持ちもあったんですが(笑)
Ta:始めたのは高校に入ってからですね。高校に入って自分でバイトして前から欲しかったギターを購入したって感じですかね。最初のころはクラッシックギターでMETALLICAのリフを弾いたりしてましたね。
To:高校で部活が終わってやることがなかったのでって流れですね。周りがみんなギターをやっていたのでじゃあベースかな?って感じでベースを始めました。高校を卒業してからなんで一般的には少し遅いかもしれないですね。

-また最初に始めた楽器もギター&ベースだったのでしょうか?

K:初めて触った楽器と言われれば、たて笛かな?
To:そんなことを言ったからカスタネットとかになっちゃうんじゃないの?

-(笑) 自分の意志で初めた楽器はギターとベースだったんですね?

K:そうです(笑)

-シェクター社とエンドースモニターになったきっかけを教えてください。

K:きっかけは前に所属していたレーベルさんから紹介してもらったのがきっかけですね。でも前から一本使っていたり、自分の好きなバンドがシェクターを使っていたりと憧れていたメーカーだったんでかなり嬉しかったですね。

-現在使用している楽器の気に入っているポイントを教えてください。

K:第一にスタイル、見た目が一番気に入ってますね。ギタリストをやっていながらギターの細かい知識とかが全然なかったって言うのもあるんですけど、やっぱり見た目のカッコよさっていうのが一番だと思うんですね。
Ta:俺も最初は外見から入りましたね。入口はみんなやっぱりそこじゃないんですかね?そのギターを使って自分の求めている音にどれだけ近づけていくかっていうのが重要なんじゃないのかなって思っています。
To:俺が一番気に入っているところはシンプルで使いやすいところですね。あと重要なのはボディ鳴りが良いってことです。弾いていてとても気持ち良いんです。色んなベースを弾いてきたんですがやっぱりその中で一番ボディ鳴りが良いですね。

-あなたがギター&ベースに求める一番大事なことを教えて下さい。

K:さっきも言いましたが、見た目がまずは重要かな?使い心地とかは回数、年数を重ねれば慣れて行くとは思うのですが、やっぱり見た目は変わることはないので、ファッションと一緒でやっぱり気に入ったものを持ちたいじゃないですか。
To:個人的にはボディ鳴りが気持ち良くないと、何をやってもしっくり来ないんですよね。見た目ももちろん重要な部分だと思うんですがやっぱり今のベースが音も見た目もベストですね。

-これからプロのギタリスト&ベーシストになろうと努力しているキッズにアドバイスがあればお願いします。

K:まずは長く続けることじゃないですかね。同じギタリストでも様々だとは思うんですよ。ギターを弾くこと自体が好きなのか。それとも曲を作ることが好きなのか、自分は楽器を使って何をしたいのかということを早い段階で気づくことが大切じゃないかなって思います。
Ta:あとは明確な目標を持つことが大切かな。目標があれば続けやすいと思うし。でもやっぱり続けて行かないと何も見えないですよね。だから目標を持って頑張ってもらいたいですね。
To:あとは楽しんでいこうって気持ちが大事なんじゃないかな。小さいことでもいいから楽しいことを見つけていければ続いて行くんじゃないかなって思いますね。

-ありがとうございました。