MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

PANIC AT THE DISCO

2008.08.18UPDATE

PANIC AT THE DISCO

メンバー:Ryan Ross(G,Vo,Key)  Spencer Smith(Dr)

インタビュアー:MAY-E

-今日のファッションも「Pretty.Odd.」のイメージのようにクラシカルですね。

Ryan:そうだよ。いつも見ている僕らは嘘じゃないってことを証明したくてね。

-普段もそのようなクラシックな服をよくきているのですか?

Ryan:そうだね、だいたいいつもこんな感じだよ。日本ってこういう服をたくさん売っているし、サイズも僕に合うものがたくさんあるから、前回日本に来たときにけっこう洋服を買いこんで帰ったよ。

Spencer:そうそう、僕も前回はたくさん買い物をしたな。日本で値札を見ると、アメリカのドルの桁とは違うから最初は驚いちゃうんだけど、値段が分からない分、勢いで買っちゃったりするんだよね。

-今回もショッピングなどに出かける時間はありそうですか?

Ryan:うん、あると思うよ!昨日の夜はホテルの近くで日本ならではの風景を見ることが出来たし、今日も明日もいくらか時間はあるから、前回見ることが出来なかったところに行けたらいいなぁと思っているよ。

-サマーソニックのステージ・セットも「Pretty.Odd.」をイメージしたものになるのでしょうか?

Ryan:いや、そうでもないよ。僕らがヘッドライナーでない限りたくさん物を運ぶのは大変だからね。フェスティバルでプレイするときは毎回違った感じにしているんだ。サマーソニックでは、僕らがステージを駆け回って、汗をかいて歌ってるようなライブになると思うよ。

-ファースト・アルバムとセカンド・アルバムの楽曲をライブで一つにまとめるのは大変ではないですか?

Spencer:うん、そうだね。「Pretty.Odd.」が出てからは本当に難しくなったよ。アルバムを1枚しか出していない頃は、あまり考えずにとにかく全部の曲をプレイする気持ちでやっていたから。セカンド・アルバムを出してからはとても難しい選択にぶつかった。ライブでプレイしたときにどの曲が一番映えるのかって考えてセットリストを考えるようにしてきて、今ではセカンド・アルバムとファースト・アルバムをちょうど半々くらいの比率でプレイしてはいるかな。

-では、セカンド・アルバム「Pretty.Odd.」の曲をライブでプレイして、ファンが改めて良いリアクションをくれた楽曲はどれですか?

Spencer:やっぱり「Nine In The Afternoon」はシングル曲だったっていう理由もあるんだろうけど、リアクションはやっぱり良いよね。今、セットリストに残っているセカンド・アルバムの曲は、ライブでプレイしていてどれも良いリアクションが得られたものになっているよ。例えば「She's A Handsome Woman」、僕らはアルバムが出て間もない頃にツアーをスタートさせたんだけど、最初の頃はいまいちかなって感じていた曲だったんだ。だけど、何度もプレイしていくうちにどんどん良くなってきていると感じている曲なんだよ。

Ryan:うん。「Northern Downpour」なんかも同じことが言えるかな。この曲は、他の曲に比べてとても素直な歌なんだ。だからライブでプレイするのは、最初は戸惑いもあったんだけど、ショウの中での良いブレイクダウンの役割も果たしているし、ファンもきっとこの曲を気に入ってくれていると思う。あと、アルバムの一番最後に収録されている曲の「Mad As Rabbits」は、曲の最後にコーラス・パートがあるんだ。この曲でみんなで合唱してショウをしめることも多いよ。実はこの曲はアルバムの中で一番最後に書いた曲でもあるんだけどね。