MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Panic At The Disco

2006.08.06UPDATE

Panic At The Disco

メンバー:Brendon Urie(Vo,Key,Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-はじめまして!日本のラウドロックミュージックのフリーペーパー「激ロック」といいます。それではインタビュー宜しくお願いいたします。
まずはあなたたちが影響を受けたアーティストを教えて下さい。

いろんなバンドにインスパイアされてきたんだ。 THIRD EYE BLINDとかCOUNTING CROWSとか大好きだったな。 でも、それだけじゃなくてミュージックスコア(映画音楽のインスト音楽)もよく聴いてるんだ。

-あなたがたが1stアルバム『A Fever You Can't Sweat Out』でデビューするまではどのような下積み時代を送ってきたのですか?結成からデビューに至るまでを教えて下さい。

本当にあっという間っていう感じでメチャクチャ忙しかった。でも、全てに感謝して一生懸命心を込めて音楽をやってきたんだ。これほどの成功を収めることができてファンの皆には心から感謝してるよ。

-2006年度MTV Video Music Awardsでは「I Write Sins Not Tragedies」が最優秀ビデオ賞でトロフィーのムーンマン像を獲得し、会場中が驚いていたとのことですが、あなたがたは自分達が受賞すると思っていましたか?また受賞してのお気持ちを教えてください。

全く予想してなかったんだ。他にノミネートされていたカテゴリーでは受賞してなかったし、まさか"VIDEO OF THE YEAR"を受賞するなんて思ってなかった。発表されたとき自分達の名前が呼ばれて本当に信じられなかった。受賞したことは光栄に思うし、一生忘れられない思い出になったよ。

-「I Write Sins Not Tragedies」のPVに出演している新郎役のdaniel isaacという方ですが、もともとはプロモーションビデオのディレクターらしいですね!あなたたちのプロモ出演をきっかけに、インターネット中の誰もが彼の名前を知りたがったとのことですが、その話はご存じですか?

いや、彼がどんな仕事をやってるのか知らなかったよ。 このPVの出演者オーディションで選んで出演してもらっただけだから。