MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

get up

彼女 IN THE DISPLAY

『get up』

Release Date : 2018-05-30
Label : 日本コロムビア
¥2,160

ラウドロックをベースにしながらも既存のスタイルにとらわれない、新世代のJ-ROCKを追求する福岡の5人組による、メジャーからの第1弾リリースとなるミニ・アルバム。前作に引き続き、サウンド・プロデューサーに迎えた江口 亮とバンドが、一丸となって作り上げた全6曲が収録されている。1曲1曲が異なる魅力を持っているが、メタルコア(「KVE」)からR&B/ヒップホップの影響が色濃い曲(「Kick」)までと言えば、彼らが持つ振り幅の広さがわかってもらえるはずだ。曲を作る前に1曲1曲の方向性を決めたそうだが、その試みが曲の魅力を最大限に引き出したことは言うまでもない。バンドのポテンシャルが端的に伝わるという意味で、新たなファンが聴き始めるならここからがオススメだ。 山口 智男