MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

QUATTRO

前作『EnFLAME』はKihiro(Vo)とKEN'ICHI(Dr)のユニットで作り上げたものだったが、この2ndアルバムはバンド体制で初めて作り上げた音源である。メンバーも気持ち的には"1stアルバム"と位置づけている通り、現4人編成の色合いがアルバムに遠慮なく投影されている。ラウド&エレクトロを根幹に拳を握りしめてシンガロングしたくなるものから、ラップが入ったクラブ・ミュージック寄りの作風、アコギを用いた壮大なバラードまで、LOKAというバンドの懐の深さを示した1枚だ。1曲1曲独立した個性を放ちつつ、作品トータルの流れも重視し、暴れてよし、聴いてよしの欲張りなアルバムだ。めくるめく展開で聴かせる「TSUBASA TRIGGER」も好きだが、歌心に溢れたラスト曲「MAYBE」も感動的だ。 荒金 良介