MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOKA

2014.09.03UPDATE

2014年09月号掲載

LOKA

メンバー:Kihiro (Vo) SIN (Gt) 勝己 (Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-前作から約2年空きましたけど、この期間はどんな時間でした?

Kihiro:この2年はバンドになる期間でした。前作は僕とドラム(KEN'ICHI)しかいなかったから。

-前作は元UZUMAKIのメンバーを含めて、サポート・メンバーでしたもんね。

Kihiro:そうですね。バンドというより、ユニット状態でしたからね。前作から1年後に今のメンバー2人(SIN、勝己)を見つけることができて、LOKAとしてスタートを切ることができました。

-正式メンバーでバンドを固めたい、という気持ちは最初からありました?

Kihiro:そうっすね。サポートでツアーをしたときに、何もかも2人でやらなきゃいけないのがキツくて。ライヴの見せ方もバンドというより、ヴォーカルとドラムの中心線だけになるから。SINと勝己が加入した後は、バンド感を強めるために全国ツアーや海外ツアーもやりましたからね。前作発表後の最初の1年はメンバーを探す時間、次の1年がバンドを強化するための時間でした。

-改めてSINさん、勝己さんが加入した経緯は?

SIN:LOKAでヴォーカル・レコーディングをやってるエンジニアの方と知り合いで、僕が前にやっていたバンドが解散するときに"LOKAがギター探しているから、一度会ってみれば"と言われたのがきっかけです。それでKihiroさんから"正式にやってみない?"と言われて加入しました。

-前にやっていたバンドは?

SIN:Wizardというヴィジュアル系バンドをやってたんですよ。ジャンルは全然違うけど、もともとメタルとか激しい音楽が好きだったし、違和感は全然なかったです。前のバンドも楽しかったけど、このバンドも楽しいですね。

-勝己さんは?

勝己:俺は共通の友達がいて......ずっとバンドをやってなかった時期が長かったけど、BACK-ONのラップやってる奴(TEEDA)から"英語も喋れるし、海外ツアーも回ってるすげえヴォーカルがいるんだよ"と聞かされて。じゃあ、会わせてよと言って、すぐサポートでライヴをやって今に至る感じですね。

-勝己さんがやっていた音楽性は?

勝己:第1世代のミクスチャーみたいな音楽でした。初期RIZEとか、ラップが入り出したミクスチャーのようなサウンドですね。そのバンドが終わってから何もしてなくて、2年前に黒夢のMVでギター弾かせてもらって、それをアピール・ポイントとして見せたけど、"あまり映ってなかったからわかんねえよ(笑)"、と言われて。

-そうでしたか。前作と今作ではまったく違うバンドと言っていいと思います。自分たちではどこが一番変化したと感じます?

Kihiro:テーマはズレてないと思うけど、4人それぞれの色が入ったから、アルバム1枚通して音楽性は幅広くなりましたね。

SIN:4人それぞれバックグラウンドが違うので、同じものをやってもどこかしら違ってくる。そういう意味で幅は広くなったんじゃないかな。

Kihiro:お互いに得意とする分野がわかってきました。こいつはこういうフレーズを弾ける、こういうフレーズを叩ける、それを含めて足し算引き算がうまくできるようになった。今回は1stアルバムという気持ちですね。

-お互いの持ち味というのは言葉にできます?

全員:......ははははは。

-なぜ笑うんですか?

Kihiro:いや、そういう褒め合いは俺らあまりしないから。

SIN:意地でも言わない4人だからね(笑)。

勝己:"あいつ、今日良かったよね"とか絶対言わない。