MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

We are the Dynamite

UK出身とはいえLIMP BIZKITをはじめとしたNu Metalをこよなく愛するメンバーが集まっているバンドなだけあって、以前の作品においても‘UK’のイメージを覆すアグレッシヴなロックを聴かせてくれていたTHE BLACKOUTのセカンド・アルバムが到着。攻撃的且つ躍動感溢れるバック・サウンドはドライヴ感が一層増し、彼らの醍醐味とも言えるクリーン・パートとスクリーミング・パートの掛け合いは最高に気持ち良い。ライヴではシンガロング必至のコーラスワークは本作にも盛りだくさんだ。ラウドロック人気が低迷している昨今、これほどのエナジーを感じるアルバムに出会える機会はそうあるもんじゃない。これをスクリーモだけに収めておくのは非常に惜しいので、敢えてヘヴィ・ロックとカテゴライズさせて頂く。全てのラウドロック・ファンはチェック!! MAY-E