MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THE BLACKOUT

2008.10.18UPDATE

THE BLACKOUT

メンバー:Gavin Butler(vocals) / Sean Smith(vocals) / James Davies(guitar)

インタビュアー:MAY-E

-日本はいかがですか?

Sean:うん、素晴らしい国だね!

Gavin:到着したばかりだし、まだ日本にいるのが信じられないくらいなんだ。徐々に日本にいることを実感しているところだよ。

James:映画のブレードランナーでしか日本を見たことがなかったから、どこも真っ暗でみんな目を光らせている感じなのかと思っていたけどぜんぜん違っていたよ。僕らの地元より人が温かいと感じた。いい国だね。

-昨日はカラオケに行ったそうですね。

Sean:そうだよ。何でみんな知ってるの!?(笑)

James:QUEEN、BON JOVI、MOTREY CLUEなんかは地元で歌うことはあったんだけど、地元のカラオケには絶対に入っていないLIMPBIZKITとかLINKIN PARK、あとはLOSTPROPHETSとかENTER SHIKARIなんかも歌ったよ。個室のカラオケってのも初めてだったね。イギリスだと、みんなが広い場所で女装して歌っているようなバーみたいなところだから。

-デビュー・アルバムは素晴らしい作品でした。楽器隊もメロディーも躍動的で、外に向かって放たれるヴァイブを感じます。リリースしてからしばらく経ちましたが、ファンにはどんな風に受け入れられていますか?

Sean:ありがとう。ファンにどう受け止めてもらっているかは僕ら自身もよく分からないんだけど、制作前から、例えば叙情的なサウンドやポップなアルバムを作ろうと思って臨んでいたわけではなくて、僕らはただ自分達が好きな音楽を作りたいと思って作ったアルバムなんだ。それをみんなにも気に入ってもらえたことはとても嬉しいね。ファンの中にはTHE BLACKOUTが一番好きなバンドだって言ってくれる子がいるけど、それは嘘なんじゃないかと思ってしまうくらい信じられないことだよ。思わず、どうせ嘘だろ?とか言っちゃうんだけど、それはとても嬉しいことだよね。

-確かに、あなた方は好きな音楽を貪欲に取り入れていると感じています。そしてそれは広くヘヴィー・ロックとして捉えられるべきサウンドだと思うのですが、今はいわゆるスクリーモ・シーンを中心としてファンベースを広げていますよね。

Sean:うん。例えば僕らの音楽は最悪だって評価されない限りは、どんな風に呼んでもらっても構わないと思っているよ。確かにスクリーモにカテゴライズされることで、スクリーモのファンにしか手に取ってもらえなくなるなってしまうのはとても残念なことだと思うけど。

James:でもUNDEROATHに似ているサウンドだよって紹介されたとしたら、チャンスは増えるんだろうけどね。ただ、みんなが何か一つのジャンルに当てはめようとするのはあまり好きではないんだ。僕らは自分たちをただのヘヴィー・ロック・バンドだとしか思っていないことを伝えたいよ。

-そうですね。今Nu Metalはシーンとしては低迷していますが、もし今が90年代だったら、あなた方も恐らくNu Metalバンドとして語られていたんでしょうね。

Sean:うん、そうかもしれないね。今Nu Metalという言葉は世間的にはあまり良いイメージを持っていないけれど、実際、僕らはNu Metalを聴いて育ってきたから、僕らのサウンドがNu Metalだと呼ばれることには抵抗はないよ。 だけど僕らが自分たちのサウンドをNu Metalだっていうと、それは違うよって否定されることもあったりするんだ。まぁ別にいいんだけどね。クソメタルだって呼ばれなければ(笑)

-(笑) 90年代と今では、どちらがやりやすかったと思いますか。

Sean:そうだなぁ、もし僕らもLIMPBIZKITのようなビッグ・バンドになれるのなら、90年代のNu Metal全盛期にバンドをやってみたいな。当時のLIMPBIZKITのライブは舞台装置も豪華だったし、ステージに色んな小道具とかトイレまで持ち込んだり、ウェスが牧師の格好をして出てきたりして、すごくユニークなショウをしていたんだ。彼らのそういう自由さにも憧れていたよ。

Gavin:僕は限界を超えてその先へと向かっていけるのなら、どの時代であってもいいと思うんだ。例えばELVIS PLESREYもTHE BEATLESもLIMPBIZKITも、それぞれの時代の音楽シーンを盛り上げて、そして良い方向にも向かわせていたよね。一つの時代の頂点を取るのはとても難しいことだと思う。僕がNu Metalを熱心に聞いていたのは16歳とか17歳のころだった。だから今Nu Metalを聴くと、とても懐かしい気分になるよ。

-そうですね。今名前が挙がったLIMPBIZKITの「My Generation」のカバー曲でケラングの企画アルバムに参加していましたよね。この時代にLIMPBIZKITだなんてひょっとして皮肉っているのかな?なんて深読みしてしまっていたのですが。

Sean:いやいや、そんなことは全然ないよ!

Gavin:うん。皮肉とかは全くなく、LIMPBIZKITへの愛情を持って「My Generation」をカバーしたんだ。