MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Aldious

2012.11.06UPDATE

2012年11月号掲載

Aldious

メンバー:Re:NO (Vo) Yoshi (Gt) トキ (Gt) サワ (Ba) Aruto (Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-3rdシングル『White Crow』リリースおめでとうございます。新ヴォーカリスト、Re:NOさんの加入というバンドにとって大きな変化後、初の作品のリリースということでかなりプレッシャーもあったのではと想像しますがいかがですか?

Yoshi:ファンを裏切らない形のモノを届けたかったのでリフやメロディ・ラインは相当な数を考えてはボツにし、最終的に“Aldiousらしさ”を1番出した楽曲に仕上げました。カップリングも完全に色の違う楽曲が収録されているので、3曲だけではありますが聴きごたえのあるシングルになっていると思います。「White Crow」だけでなく絶対に3曲とも聴いてもらいたいと思える作品になりました。

Aruto:プレッシャーはありました。でも、自信もありました。自分自身がブレないことをすごく意識しましたね!完成しての感想は、“やりきったぞー!!!”って感じ。ほんと、かっこいい仕上がりです。

トキ:ありがとうございます!そうですね。ヴォーカルが変わるという事は、バンドの音も大幅に変わる……と思うのでものすごく不安な気持ちはありました。今まで応援してくれてた方がやはりどう思うかが1番気がかりでした。完成してみて、Re:NOの歌声があまりにもマッチしているというか……本当にびっくりしました。そして率直な感想……“これならイケる!”と確信しました。逆にRe:NOがAldiousに加入してくれたおかげで、私たちの音の幅もグンと広がったように思います。曲は激しくそしてメロディアス……これこそAldiousって感じのむうっちゃカッコイイ曲です。

サワ:新ヴォーカル、Re:NO加入、第1発目と言うことでまだまだ模索中といった感じでしょうか!これからこの5人にしか出せない音を作り上げていきたいです。『White Crow』は様々な可能性を秘めた“現在”の集大成ではあると思います!

-作曲はYoshiさん、作詞はRe:NOさんということで、新生Aldiousのスタートに相応しい体制で制作されたシングルになっていますが、実際に一緒に制作をしてみてお互いにいかがでしたでしょうか?

Yoshi:Re:NOから作詞の相談で何度も連絡くれたのが嬉しかったですね。彼女の歌詞の書き方が自分の感性と非常に似ていたのでやりやすかったです。“この音にはこの発音を持って来た方がハマる”とか、そういった所もしっかり考えてくれているので歌詞のおかげでメロディ・ラインがさらに生かされたと感じました。

Re:NO:歌詞が乗せやすいメロディアスな曲調で、世界観がすぐに浮かんでくれたので感じたままをすんなり書けました。

-“White Crow”(白いカラス)というタイトルからは異端、異物といった意味も連想されますが、歌詞の内容には決意や覚悟が織り込まれており、「White Crow」を聴いていると、このシングルに賭ける想いが伝わってくるように感じられます。このトラックに込められたバンドの、そしてそれぞれ皆さんの想いを教えていただけますでしょうか?

Yoshi:歌詞の中の主人公はRe:NO自身、そう考えて曲を聴いているとなんか感動しました(笑)。私から無理にバンドに誘ったので“内心はどう思っているんだろう?”という不安がありましたが、歌詞を読んで前向きな気持ちとか本心が少しでも知れたのが嬉しかったですし、モチベーション・アップにも繋がりました。

Re:NO:前から音楽が好きでバンドなど組んでいたんですが自分には向いてない、と思いBANDを解散し音楽業界から足を洗おうと思っていた矢先にAldiousのお話を頂きました。音楽を諦めきれない想いと自分には向いてないとゆぅ2つの気持ちがあったんですが、メンバー全員のバンドに対する熱い気持ちと自分を必要としてくれる人がいるのなら、“本気でぶつかってやろぅぢゃん!”そしてやっぱり、“自分は何より音楽にふれていたい!”と思いました。そんな弱気な自分と強気な自分をよそからきた薄汚いカラスとゆぅふうに例えました。

Aruto:新生Aldiousとしてのこれからを示すと言うか……。新たな決意、1歩踏み出した気持ちが込められています。

トキ:歌詞を最初見た時に1番グッと来たのが、サビの“あなたと奏でたい”の部分でした。同時に、私もこの曲をAldiousのメンバーで皆と一緒に奏でたい……という気持ちを心に込めながら1音1音、力強く演奏しています。私の中では黒いカラスが、力強い、筋肉てんこ盛Re:NO真っ白なムキムキカラスへとなるイメージです(笑)。

サワ:変わらないAldious、今までとは違うAldious、どちらも感じて頂きたいと思いました!

-この「White Crow」ではその内容やPVのイメージからも“雪”がひとつのテーマとなっているようですが、どういった意図でこのテーマを選んだのでしょうか?

Re:NO:サビのメロディを聴いた時に一瞬にして“雪が狂い咲くメロディ”って言葉が浮かびました!