MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

WE ARE THE IN CROWD|PUNKSPRING 2012

2012.03.31 @幕張メッセ

Reported by 沖 さやこ

煌びやかな青いライトを切り裂くように登場したWE ARE THE IN CROWD。ちなみに女性メンバーを擁するバンドは今回WE ARE THE IN CROWDのみであり、Taylorはバンドのみならず出演者のなかでも紅一点だ。

1曲目は「Rumor Mill 」。Tシャツに黒いジーパンというラフな格好で現れたTaylor はハンド・マイクで力強く可憐に歌い、Jordan (Gt&Vo)とのツイン・ヴォーカルの相性もバッチリ。爽快感のあるエモ・ポップ・パンクに城内からは自然とハンズ・クラップが巻き起こる。「Exits And Entrances」のイントロで"Are you Ready, Tokyo!?"と叫ぶTaylor。裸足でステージ上をふんだんに動き、間奏の間は音に乗りジャンプしたりと全身でフロアを煽る。腹の底から声を出すようなパワフルなMCもありながら、時折垣間見れるキュートな表情やヴォーカルなど、彼女の様々な表情を見ているだけでも面白い。彼女がこれだけ魅力的に輝けるのは、心に直接音をぶつけてくるような透明感のあるバンド・サウンドあってのことだろう。Alex Gaskarthをゲスト・ヴォーカルに招いた「Kiss Me Again」では、Taylorの女性的な柔らかさと楽しそうに歌う姿が印象的だった。

「Never Be What You Want」、「Better Luck Next Time」と、真っ直ぐ伸びる素直な感情を丁寧に音に込めていくメンバーたち。ラストは柔らかく滲んでいくようなイントロから「Both Sides Of The Story」。雲間から太陽の光が差し込むように、晴れやかな気持ちで心が満たされてゆく。Taylorは最後、フロアに降りて観客とハイタッチ。パワフルでキャッチーなサウンドに、場内が浄化された。

  • 1