MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Little Lilith

2021.12.29UPDATE

2022年01月号掲載

Little Lilith

メンバー:LILLY(Vo/Vn) ERIKA(Gt) SHIORI(Ba) YUKI(Dr)

インタビュアー:宮﨑 大樹

"エモーショナルロック"を掲げてきたリトルリリスが、"ガールズジェントバンド"Little Lilithへと進化。新メンバーとしてERIKA、SHIORIを迎え、新体制で歩みを始めた。それにしても彼女たちは、なぜ今回の大幅なジャンル転向を決断したのだろうか。その方向転換の背景やバンドの歴史、新進気鋭のDjent集団"MGM."が参加してスタートアップを手掛けたという新生第1弾デジタル・シングル「LadyBug」についてなど、話を訊いた。


カッコいいことをやっていれば自然と人はついてくる


-"エモーショナルロック"を掲げてきたリトルリリスから"ガールズジェントバンド"Little Lilithへ進化をしたことが発表されました。そのきっかけはなんだったんですか?

LILLY:リトルリリスで2年くらい活動をしてきたんですけど、正直このままでいいのかなぁと思いながら活動していて。私とYUKIちゃんがリトルリリスからのメンバーなんですけど、大きくなりたい、ライヴをたくさんしたい想いが強くて集まっていたので、その目標に向かってこのまま進んで行けるのかな? みたいなことはお互いもやもやしていて。

YUKI:頭打ち感が正直あった。

LILLY:そう。ここで終わっちゃいそうだよね、みたいな。だからもっと変えていかなきゃいけないと思っていたなかで、今回の方向転換を決めたんです。

-YUKIさんはその方向転換についてどういう気持ちでしたか?

YUKI:リトルリリスとしての活動で先が見えないみたいなところがあったなか、まったく別の世界に踏み出せることになったので、ワクワクする気持ちが強くて。思い切って飛び込んでみたい気持ちを持って今に至ります。

-ERIKAさん、SHIORIさんはこのリニューアルから加入していますね。

ERIKA:リトルリリスが新しく生まれ変わる、こういうふうに変わっていくという話で誘ってもらったんです。私はもともとラウドなジャンルが好きで、興味のある世界ではありましたし、自分の見せたい姿も見せられる、絶対にカッコ良くなれるという根拠のない自信があったので、一緒にやらせてもらいたいと思って決めました。

SHIORI:ERIKAちゃんの加入が先に決まっていて、そのあとに私もお話を聞いて入りたくなったんです。最近はバンドをやっていなくて、サポート・ミュージシャンとしていろんな方のバックで演奏したり、レコーディングしたりする活動に徹していたんですね。だけど、自分の原点を思い返したら、90年代のヴィジュアル系バンドとか、激しめのバンドが好きで音楽を始めたんですよ。やっぱりバンドをやりたいなと思っていた時期だったし、Little Lilithのサウンドがすごく好みで。ERIKAちゃんはサポートの現場で一緒によくやっていたんですけど、ERIKAちゃんがいる安心感というか、信頼もあったので、それが決め手になりました。私は最後に入ったんですけど、4人で初めてスタジオに入ったときにみんなが受け入れてくれて、ぜひここでやらせてもらえたら嬉しいなということで、入ることに決めたんです。

-初めてスタジオに入ったのはいつごろだったんですか?

YUKI:めちゃくちゃ前というわけではなく、実際そこまで時間は経っていないです。

-お披露目まですぐだったんですね。でも、すでにいいチーム感はできている気がします。

SHIORI:ふたり(LILLY、YUKI)が土台を何年も作ってきてくれたからこそです。だからこの場所を用意してもらっているので、それがありがたいなと思っています。

-バンドの歴史を振り返っていくと、2018年に前身のロック・バンド LeAnFlor(レアンフロー)が結成されたんですよね?

LILLY:はい。その前はアイドル活動みたいなことをやっていました。バンドがやりたいと思って活動を始めたんですけど、結局そこではできなくて。やめよう、じゃあバンドを組もうと。そこからご縁があってメンバーを紹介してもらい、LeAnFlorというバンドを作ったのが2018年の2月です。YUKIちゃんはそのときからずっとサポートをしてくれていて、正式にメンバーになってくれました。そうして活動をしていくなかで前任のギターの子が入って、何ヶ月かしてアルバムをリリースすることが決まったんです。LeAnFlorのときは男性メンバーがいたんですけど、そのときのイメージから一新するためにも名前を変えてガールズ・バンドとしてやっていこうということで、リトルリリスになりました。

-リトルリリスで掲げていた"エモーショナルロック"は、Little Lilithになってから転換したDjentとは決して近いところにはないですよね。4人の音楽的なルーツやバックボーンに、Djentだったりメタルだったりはあるんですか? SHIORIさんはヴィジュアル系や激しい音楽が好きだったと言っていましたが。

SHIORI:そうですね。要素が入っているものは聴いていましたし、コピーではメタルもやっていたので、馴染みはありました。

YUKI:メタルではないですけど、私もヴィジュアル系が好きで楽器を触るようになったので、音楽をやりたいと思ったきっかけではありますね。

ERIKA:いろんなことがあって、ポップスとか様々な音楽に挑戦していますけど、もともとはヘヴィな音楽の世界で生きていたので、私もラウドは大好きなジャンルです。

LILLY:私は、音楽をジャンルで聴いてこなかったというか、人から薦められたものはなんでも聴いていました。そういう意味ではジャンルが変わるからみたいな抵抗はあんまりなかったです。音楽そのものがカッコいいかどうか、好きか嫌いかで判断をしていたから、よく"雑食だね"と言われていました。

-SHIORIさんとERIKAさんは、このジャンルでやることを知っていたうえで加入したんですよね?

SHIORI:そうですね。デモを聴いたときに、LILLYちゃんの素直に歌う感じとジャンルとでギャップがありそうで、それが面白いと思ったんです。ラウドとかメタル畑でやってきた感じじゃないのがいいなと。そこがこれからも楽しみだと思っています。

ERIKA:メタルもハード・ロックもラウドも好きで、やっていたりもしたんですけど、Djentは初めてだったので、すごく難しかったです。曲は激しいんですけど、激しいだけじゃないんですよ。演奏をタイトにシビアにやらないといけない部分とか、7弦ギターはずっと弾いてきたんですけど、さらにチューニングを下げるというところでも、自分の中で今までやってきたことと違う挑戦になっています。難しいけど、やりがいでもありますね。

-この4人体制の初披露後の反響はどうでしたか?

LILLY:当日は無我夢中すぎて頭が真っ白だったんですけど、お披露目が終わってアーティスト写真を公開、MVを公開となったときに、みんなをビックリさせちゃった部分もありつつ、それでもカッコいいねという声は上がっていて。それが素直に嬉しかったですね。

YUKI:今までのリトルリリスが好きなお客さんにとっては、感想は人それぞれだと思うんです。複雑な気持ちの人もいれば、もっと好きになったという人もいるし、いろいろ。でも、ライヴが終わったタイミングでいろんなイベントが発表されて、MVも出て、激ロックさんも最初に情報を出してくれて、Little Lilithはこれから勢いがつくんだなと感じてもらえたのはすごく良かったです。ここから勢いに乗っていくんだということも私たちは伝えていきたいし、そういう意味で受け入れてくれた人たちもいるので、それは良かったなと思います。

-受け入れてくれるかどうかで言ったら、新メンバーのふたりはだいぶ不安があったんじゃないですか?

ERIKA:......ありましたよね(笑)?

SHIORI:ありましたよ(笑)。

LILLY:全然大丈夫だから!

YUKI:だってみんなふたりのこと知ってるもん。むしろ"え! あのふたりが入ったの!?"って。

SHIORI:今までも素敵なメンバーがいて、そこに切り替わって入るということで、お披露目のときはすごく緊張したんですけど、温かく受け入れてくださる方が多くて本当にありがたかったです。

ERIKA:反応は怖かったですね。久しぶりにライヴで緊張しました(笑)。でも、ここまで変わるから、いい意見ばかりじゃないだろうというのはある程度覚悟していたところではあるし、自分はそういう意見とかに押しつぶされるタイプではないので、まぁ大丈夫かな、カッコいいことをやっていれば自然と人はついてくるかなぁと。それはここまでのミュージック・ビデオの再生回数でも感じていますし、このまま自分たちがカッコいいと思うことを堂々とやっていけば大丈夫かなと今は感じています。

-「LadyBug」(新生第1弾デジタル・シングル)のミュージック・ビデオの再生回数が、すでにリニューアル前の曲を上回っているので、数字だけを見れば今回の進化は成功と言っていいのではないかと思います。

LILLY:そもそもMVをあんまり作れていなかったので、MVを作れたこと自体がすごく嬉しかったです。それが世に出たときにいろんな反響があって、再生回数もどんどん増えていって、海外の方からの反応もありました。日本だけじゃなくて、いろんなところで観てもらえているのがわかって嬉しいです。

YUKI:あのMVで初めてLittle Lilithを知った方から"こんなにカッコいいバンドがいたんだ"みたいなコメントをいただいたりして、知らない人の目に触れているのがすごく嬉しい。

LILLY:うん。それはやっぱり今までのリトルリリスでは絶対にできなかったことなので、方向転換をしたことによって、よりたくさんの人に触れていただけたのかなと思います。ホッとするにはまだ早いですけど、この決断は間違っていなかったと感じることはできましたね。

-アーティスト資料には"シアトリカルでシュール、スタイリッシュでドゥーム"という言葉がありますけど、みなさんの考えるLittle Lilithのアーティスト像とはどんなものですか?

LILLY:普通の言葉ですけど、とにかくカッコいい存在ではありたいです。あとは見た目的にも、男性はもちろん女性にもカッコいいと思ってもらえる雰囲気になっているので、女性にも聴いてもらえたら嬉しいなと思います。同性の子たちから、憧れるまではいかなくても、カッコいいと思ってもらってライヴを観に来てくれるようになればいいなと。

YUKI:「LadyBug」という曲には、"叛逆と闘争"のテーマがあるんですけど、Little Lilith自身もそうかなと感じているんです。溜まっている鬱憤とか、抱えているもどかしい気持ちってみんなにあると思っていて。Little Lilithは、聴いている人たちの代わりに不条理を叫ぶようなバンドになれたらいいなという気持ちはありますね。歌詞と演奏で、そういう世界を作っていきたいです。

SHIORI:私は、小さいころにバンド・サウンドを聴いて、勇気や元気を貰って人生が180°変わったんです。音楽に出会って人生が楽しくなったので、私たちも誰かに元気をあげたり、パワーをあげたりできるバンドを築き上げられたらいいなと思っています。

ERIKA:メタルとかラウドのシーンって、聴く人が限られてきちゃうというか、行くとこまで行くとそこから先に抜けられなかったりすると思うんです。でも、このバンドにはラウドな中でもLILLYの聴きやすい声とかキャッチーなメロディがあるので、ジャンルとか年齢、性別にとらわれずに、たくさんの方に届けたい気持ちは持っていますね。