MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FABLED NUMBER

2018.06.14UPDATE

2018年06月号掲載

FABLED NUMBER

メンバー:Eita(Gt/Vo) Taichi(Ba/Cho)

インタビュアー:杉江 由紀

-お話の経緯からいっても、FABLED NUMBERにとって『I Bet My Life(or Death)』は決意と覚悟のうえで作ったものとなりますしね。その想いの強さが、この音であり、詞であり、歌であり、ひいては作品タイトルにも集約されているのだろうということを強く感じます。このバンドは、今リアルにこの気持ちでいるということですよね?

Eita:そらぁそうでしょ! そうじゃなかったらおかしいて(笑)。

-今のは、活字ではお伝えしづらいくらいの強烈な巻き舌でした(笑)。

Eita:僕は別に"みなさん、元気に頑張りましょう!"みたいなことを歌うタイプでもないし、バンドとしてもそういう要素はあんまりないんですよ。ただ、自分が書きたいこと、今の自分が置かれた状況を曲に込めていったとき、自然とそれが聴く人たちの心を奮い立たせるようなものになっているんやったとしたら、それはいいことやと思うんですよ。きれいごとみたいな"前を向いていこうぜ! とにかくポジティヴ!"的な歌やったら、それは何もFABLED NUMBERがやる必要のないことなんちゃいますかね。

-ごもっともです。

Eita:理由があって作った曲に、どうしても伝えたい言葉を乗せて、選びに選んで音を詰め込んだこのシングルは、ほんまに自信を持って出せるものになりました。

Taichi:今回のシングルは、タイトルや歌詞から何から何まですべてチーム全体としてのFABLED NUMBERの意志が詰まったものだと捉えてもらっていいです。

-と同時に、カップリングとして収録されている「Windshield」が、表題曲とはまったくの別ベクトルに仕上がっている点も実に印象的です。これもまたこのバンドの意志が反映されている部分なのでしょうね。

Taichi:言うたらダンス・ミュージック寄りの曲です。でも、テンポの面ではこれも表題曲に合うように作ってます。

-そこまで計算されましたか!

Taichi:あとは、ダンス・ミュージック寄りやけどバンド・サウンドも結構鳴らしたい、っていうのもありました。いずれにしても、2曲を並べて聴いたときに違和感がないようにという意味でね。

-この「Windshield」からは、FABLED NUMBERのハイブリッドぶりがより強く伝わってくる感じがします。また、既存曲のリミックスである3曲目の「夜の鼓動 (The night beat remix)」にも、このバンドの持つ面白さが滲んでいますね。

Eita:ほんまそこですよ。僕らは今まで、ブリブリにハイブリッドすぎたんです(笑)。表題曲に対しての自信があるのはもちろんですけど、このカップリングも僕らはめちゃいい! って思ってます。

Taichi:どの曲でもFABLED NUMBERでは、芸術性と深みのある曲作りというのを徹底してやってますからね。今回このシングルを作ったことでも、僕たちの中では確固たる指針ができましたから、ここからは夏にやる予定の東名阪ライヴ(6月22日より開催する[FABLED NUMBER presents 1st SINGLE"I Bet My Life(or Death)"release tour ~FABLED NUMBERのメジャー初シングルを盛大にお祝いしまSHOW!!~])も当然そうやし、あらゆることに対して"この音でこのバンドを売りまくったる!"という意識しか持ってないです。それこそ、うちらはそこに全力で"賭けます"わ(笑)。