MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SPARK SPEAKER

2018.04.11UPDATE

2018年04月号掲載

SPARK SPEAKER

メンバー:三瀬 ふう子 杉原 由規奈 朝日向 星羅 木山 しずか

インタビュアー:加藤 智裕

-みなさんのアルバムの推し曲はありますか?

杉原:「MY LIFE」ですね。同じ話になっちゃうんですけど、それこそプライベートでもたくさん聴いていて、"頑張ろう!"って思う(笑)。自分で歌っているんですけど、自分じゃないみたいに聴いていて、毎度背中を押されるし、いい曲だなって思うから、今回のアルバムのベスト曲だなって感じてます。

朝日向:私も「MY LIFE」です。

三瀬:「桜プロローグ」じゃないの?

朝日向:それも好きなんだけど(笑)。「MY LIFE」のメロディを聴いたときに、すごい興奮して。普段、ちょっと怠けちゃうときとかあるじゃないですか。けど、「MY LIFE」を歌ったり聴いたりしているときに、"あ、だめだ。スパスピで今は頑張るんだ"って、すごい背中を押される曲なので一番好きです。

三瀬:もう「WAY」ですね(笑)。ただ、さっき話しちゃったので......次に好きな曲が「Give me Give me」なんですよ。「WAY」を聴いたときの衝撃はもちろんですけど、「Give me Give me」を聴いたときの衝撃もあって。私はレコーディングで歌うとき、わりと指示を聞かなかったりとか、自分のやりたいようにやったりするんですけど、バック・ビートを聴くだけでノリノリになりましたね。(スパスピの楽曲で)2ビートというのがなかなかなくて、お客さんがサークル・モッシュしているのとかが憧れでした。この曲をやるとフロアはどうなっちゃうのかなってすごく楽しみで、早くライヴでやりたいです。

木山:私はふう子と順位が一緒なんですよ。1番が「WAY」で、2番が「Give me Give me」で。話すことも同じになっちゃうんですけど(笑)。「WAY」は自分の人生に近いなって曲で個人的には一番グッときて。「Give me Give me」は、レコーディングで聴いた瞬間にGOOD4NOTHINGのフロアがバーッと頭に浮かんできて、煽っている感じがイメージできるというか。なので、レコーディングのときはGOOD4NOTHINGとかのライヴ映像を見てから歌うっていうことがありました。もともとメロコアが好きだったりするので、この曲が来たときはテンション上がりましたね。

-なるほど。

木山:あと、このアルバム全体を通して『"KYO-MEI"』のときには見えなかったいろんな顔が(曲ごとに)見える感じになっているので、どの曲もひとりひとりの良さが出てくるし、グループとしての新しい良さも出てくる曲たちだなと。今まで(スパスピに)ハマらなかった人も振り向いてくれる曲があるアルバムだなと思います。

三瀬:今回のアルバムはしずかの声がすごく良くて。

木山:単純に曲のキー含め、私の声に合うところが多くて出やすかったのかなって思うけど(笑)。

三瀬:『"KYO-MEI"』を聴いたときにしずかも歌っているんですけど、あまり声が聞こえなくて。このふたり(杉原、朝日向)がメインだったというのもあるんですけど。今回はユニゾンで歌うところが多くて、そのたびに一番抜けて出てくるのがしずかの声で。マスタリングの段階で中低音を上げたっていうのもあるんですけど。

木山:中低音を上げると出てくる声なんだね(笑)。

三瀬:でも、ライヴで1回「WAY」を披露したんですけど、やっぱりしずかの声が抜けて出てきたので、『"KYO-MEI"』を聴いて"これがスパスピ"って思っている人はもったいないと思うし、しずか推しは"きたー!"って思うぐらい絶対に聴いた方がいいアルバムです。

-ミニ・アルバムのリリース後となる4月28日、29日には、新宿FATEにて自主企画[SPARK SPEAKER presents "3rd SPARK!" 2DAYS]が控えています。まず、なぜ2デイズでの開催となったのでしょうか?

木山:お祭り感を出したいなと。

杉原:わっしょいわっしょい。

-意気込みはいかがですか?

杉原:(前回の自主企画)"2nd SPARK!"が去年の9月にありまして(9月30日に渋谷TSUTAYA O-nestにて開催)、それ以来の企画でしかも2デイズでの開催で。今回は"3rd SPARK!"にちなんで、1日15組ずつ、計30組のアイドルさんが出演してくださるので、お祭りとしてたくさんの人に来てもらいたいですし、1日中やるイベントなので私たちも楽しみたいなと思います。


スパスピの曲は流行りとか世代関係なくいつまでも聴けるから、まずは聴いてほしい


-最後に激ロック読者へ向けてメッセージをお願いします。

杉原:今回、激ロックさんには2回目の登場なんですけど、しずかも言ったように激ロックさんからSPARK SPEAKERを知ってくださったお客さんもいらっしゃるということで、今回のアルバムをきっかけにまた多くの方に届いたらなと思います。

朝日向:激ロックをご覧のみなさん、アイドルですけどSPARK SPEAKERをよろしくお願いします。気になったら路上ライヴとか観に来てください。

三瀬:SPARK SPEAKERは今のところノー・ルールなので、騒ぎに来てください。

木山:スパスピの愛がめっちゃこもってるし、スパスピの音楽はこれだっていうのがわかる1枚なんで、ぜひ聴いてほしいです。

三瀬:あと、これまで私もずっとバンドをやっていたので思うんですけど、バンド好きな方って"アイドルじゃん"みたいに斜に構えるというか、そういう方が多いと思うんです。でもスパスピはどっちかと言ったらバンドが好きな方が好きになってくれるし、"アイドルだー"ってページを飛ばすとかじゃなく、1回見てほしいなって。1回見てくれたらハマってもらえる自信はあるから。壁とかなくしていこう!

木山:これはふう子に対してではないんですけど、正直、アイドルだから、バンドだからってグチグチ言ってるのは古いと思うんですよ。あるバンドとアイドルが対バンをされたときに、そのバンドのメンバーさんがそれを言われてるのを見て、たしかに関係ないよなーって思って。私が一番思っているのは、流行りとかがない音楽だからしっかり聴いてほしい。スパスピは流行り廃りがない楽曲なので、いつまでも世代関係なく聴けるはずだし、知ってほしいなって。ちゃんと聴けばめっちゃいい曲だし、いくつになっても聴ける曲だからまずは聴いてくれ! って思います。