MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SPARK SPEAKER

2018.04.11UPDATE

2018年04月号掲載

SPARK SPEAKER

メンバー:三瀬 ふう子 杉原 由規奈 朝日向 星羅 木山 しずか

インタビュアー:加藤 智裕

-続けて、「MY LIFE」についてなんですが、これを初めて聴いたときはどんな印象だったのでしょうか。

三瀬:実は受け取ったのが結構前で。

木山:もしかしたら『"KYO-MEI"』に入るかもしれないっていう話も上がっていて。そのときはカラオケだったので、まだ歌詞は貰っていなかったんです。

杉原:練って練って、という感じですね。

朝日向:スパスピはバラード曲がなかったので、嬉しくて"きたー!"って思いました。

-実際に歌ってみていかがでしたか?

杉原:SPARK SPEAKERになる前にみんな生きてきた道がそれぞれ違うわけであって、毎日生活していると、何か挫折をしたり、逃げ出したくなったり、悔やんだりすることとかがいっぱいあると思うんですよ。そういう状況で、あともう一歩が踏み出せなかったりするときに、「MY LIFE」はその一歩を踏み出していこうという気持ちになれる曲だと感じて。これまで自分が歩んできた道をしっかり受け止めて、これからもっと前に進んでいこうという、バラードだけど誰かに勇気を与えられるような曲ですね。

三瀬:スパスピって、あまりうまくいくようなグループではないんですよ。例えば、世のアイドル・グループでMVを出したら再生回数が数日で数万回になったり、デイリーで1位を獲ったりとか、そういったアイドルっていると思うんですけど、どのアイドルよりも曲がいいはずなのに、スパスピはそういうグループじゃなくて。悔しいという気持ちが他のアイドルよりも多いかなと思うんです。それでもこの曲をライヴでやると、ひとつひとつに"全身全霊"というか、想いを込めてライヴをするということを大事にしていこう、ということが、やるたびに反芻されますね。

木山:わかりやすい一例で言うと、『Go my way!』(2016年にリリースした1stデモCD)を1,000枚売るってなったときは売り切れなくて、『"KYO-MEI"』で初めて1,000枚達成したんです。それから前回のツアーで、下北沢SHELTERでのワンマンのチケットを200枚売り切るってなって、売り切れなかったんですよ。1回こけて、また乗り越えてというのが結構あるグループで、絶対壁にぶつかるんです(笑)。逆に次はより多い枚数を売り切ってやろう、もう1回乗り越えてやろうと。「MY LIFE」はワンマンで初披露したんですけど、そういう気持ちも込めて歌えたかなと思います。"悔し涙を流して"という歌詞があるんですけど、それがわかりやすくスパスピと合うなって。

三瀬:歌っていてすごく気持ちがこもるもんね。

木山:このままいけるかなって思ってもいけないんですよね(笑)。でも必ず乗り越えるっていう気持ちの曲です。

-4曲目の「Give me Give me」は、ダイブ、サークル・モッシュなどが想像できる、ライヴ映えしそうな楽曲だと思いました。

杉原:この曲はタイトルどおり、"何も言わずに愛をくれ"という歌で。

-歌詞で"Don't hold out on me=隠し事はやめて"、"Give me=ください"と繰り返し歌われていますが。

木山:ありのまま来いよと。

杉原:かかってこいやみたいな(笑)。

-スパスピのライヴは激しいんですか?

木山:ワンマンとかは激しいですね。モッシュを煽る曲もあったりして。モッシュとかが禁止のアイドルのライヴも多いんですけど、スパスピはこっちから煽りに行くっていうスタイルなんで(笑)。

-5曲目の「WAY」はアルバムで一番スパスピっぽい曲だなと思って、アルバムの締めにぴったりな楽曲だと思いました。

三瀬:いやー、めっちゃ好きです。得も言えない良さというか。なんて言えばいいんだろう......。

朝日向:いつもめっちゃいい曲って言ってます(笑)。私もすごい好きで、ランニングをするときに聴いたりしてます。個人的にはレコーディングが難しかったというか、なかなかうまくいかなかった曲なんですけど。

木山:ポジティヴなんですけど、まっすぐなポジティヴじゃないっていうか、歪んだポジティヴなんですよ。社長に"お前に当てはまるよな"って言われたんですけど(笑)。まっすぐなんだけど、まっすぐの裏に気持ちがあるっていうか、悔しい気持ちとか、黒い部分があったうえでのポジティヴっていうか。苦しいところを飲み込んでのポジティヴさとか、そういうのがすごく出ている曲だなって思います。だから余計にスパスピっぽいんだろうなっていうのもありますし。スパスピも基本ポジティヴな曲が多いんですよ。ネガティヴすぎる、病んでる曲はないんですけど、でも悔しさがあってのポジティヴっていう。そこがぴったりなのかなと思います。

三瀬:"進め"とか"元気出せ"とか、そういうことを言うのって簡単だと思うんですけど、この曲ではそういう歌詞がひとつもなくて。

木山:寄り添う感じだよね。

三瀬:私たちが日ごろ悶々としていることとか、嫌なこととか、そういったことを抱えていても前に進みたいし、ポジティヴに未来を見据えて光の方へ進もうみたいな。自分の意志を歌っているんですけど、誰もが持っている感情とも合うので、不思議と力が出てくるというか。改めて自分たちは光の方へ行きたいという感情に気づかされる、そういう力を持っている曲だなと思います。

-本当に好きなんですね(笑)。

三瀬:もう本当に好き! 「WAY」しか聴いてない時期もありましたからね。