MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SPARK SPEAKER

2018.04.11UPDATE

2018年04月号掲載

SPARK SPEAKER

メンバー:三瀬 ふう子 杉原 由規奈 朝日向 星羅 木山 しずか

インタビュアー:加藤 智裕

-最初はひとりずつ歌詞を作ってきて、それを合わせていく感じ?

杉原:そんな感じです。でも、毎度照れるんですよね。見せますか(笑)、みたいな。

-誰の作詞の割合が一番多かったというのはあるんですか?

三瀬:特にないですかね。一緒に作ったところもあって、みんな均等に入ってます。ね、星羅。

朝日向:ふふふ(笑)。あの、私、ひとりだけ全然違う変な歌詞を持ってきちゃったんです。(テーマに)沿ったつもりなんですけど、全然曲に合ってなくて......。本当は1行ぐらいしか採用されてないんです(笑)。

三瀬:でも、その良さが次の曲だったりするから。

-話に出ていたテーマはどういったものだったのですか?

木山:私がスラングっぽいのを使いたくて探していたら"HOMIES"という単語があったんです。"HOMIES"には家族、仲間、身内とかの意味があるんですけど、『"KYO-MEI"』は外に向けてトゲトゲしている部分がある楽曲が多くて。"ここで歌っているよ"って、自分たちからみんなにぶつけすぎる曲というか(笑)。あとは、自分たちのことを歌っている楽曲が多かったんです。逆に「HOMIES」は私たちのファンのことを"稲団"って言うんですけど、"稲団"のことを歌った曲を作りたいと思って、フロアのみんなのことを歌った曲になっています。

-ちなみに"稲団"ってなんの略称なんですか?

杉原:"稲妻軍団"です。

三瀬:"SPARK SPEAKER"がもともと、稲妻が由来なので。

-なるほど。では続けて、2曲目の「桜プロローグ」について――

杉原:きたー(笑)!

木山:星羅の出番だね。

三瀬:本当にいい歌詞を書くんですよ、この子は。

-では歌詞は朝日向さんが書かれたのですか?

朝日向:私と由規奈のふたりで書きました。

-どストレートな恋の歌ですよね。

杉原:どストレートなんだよね(笑)。

朝日向:(こういう曲が)やりたかった(笑)。

木山:どストレートの中でも、由規奈の歌詞は西野カナ的なストレートなんですよ。でも、星羅は銀杏(銀杏BOYZ)っぽい感じの歌詞で、ここが違いすぎて面白かったです。(歌詞を)見たとき笑ったよね(笑)。

三瀬:この子の歌詞は、何を書かせても青春パンクになるんです。絶対、どこかしらで恥ずかしい挫折を味わうんですよ。"僕は弱虫 そんな僕はいじけもの"みたいな。ナチュラルにそれが出てしまうので、「HOMIES」を書いたときも青春パンクだったんです。それが「桜プロローグ」でガチっとハマりました。

-ちなみに、タイトルはどなたが付けたのですか?

三瀬:タイトルは星羅です!

-「桜プロローグ」はMISTYのSHINJI(Vo/Gt)さんが作曲されたということですが、曲を貰ったときから"春"という印象があったんですか?

杉原:SHINJIさんの曲って、すごく青いイメージが私の中で勝手にあって。爽やかじゃないですか。なので、今回恋愛ソングをふたり(杉原、朝日奈)で作ろうってなって、書いている時期もちょうどもうすぐ春だなってぐらいの時期だったので、早く春になってほしいなというのもあってこの歌詞を書きました。

-なぜ恋の歌にされたんですか?

朝日向:スパスピって今まで1曲もこういった曲がなくて、そういうのを歌いたいなって思っていたんです。そしたら、ふたりで作詞しなよってメンバーが言ってくれて。

杉原:じゃあ恋愛ソングにしてみようってキャッキャしながら書いてたんですけど、そしたら(ふたりとも)全然違う歌詞で、"どうするこれ? 全然まとまらない気がするんだけど(笑)"みたいな感じで。その都度LINEしたり会っては調整して、星羅が"ここは曲げたくない"というフレーズももちろん持っているから、そこをちゃんと生かしたりとか、曲に合わせてできました。

-気に入っているフレーズはありますか?

朝日向:由規奈に"ここはどうしてもこれにして"って言ったのが、Aメロの"好きだよと 街中に 愛を歌った歌がながれてるから"というところで、こだわりのフレーズです。

-歌詞には実体験が入ったりしているのですか?

杉原:実体験というよりも、女の子って恋愛をすると妄想するじゃないですか。何しているんだろうなとか、どう思ってくれてるんだろうなとか、そういう女子なところを詰め込みました。

朝日向:私は布団に寝転がって妄想しながら作詞しました。

杉原:すごそうな妄想だなって勝手に思う(笑)。

三瀬:星羅はどっちかというと憧れる方が強いよね。こうしたいっていうよりもこうする恋愛って素敵だよね、みたいな。

朝日向:ふふふふふ(笑)。

-ふたり(三瀬、木山)は歌詞を見て共感するところがあったりはしましたか?

木山:実は最初、星羅の歌詞があまり入っていなくてほぼ由規奈の歌詞で、きれいな歌詞だなと思ったんです。そのあと星羅の歌詞を見たんですけど、"これ、ええやん!"ってなって。

三瀬:そうそう。

木山:星羅の歌詞を交ぜてほしいってなって、星羅に私たちが"もっと入れなよ、すごいいいよ"ってごり押ししてふたりの歌詞をうまく掛け合わせたって感じでした。女性(杉原)と少年(朝日向)を混ぜた感じ(笑)。