MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ASTERISM

2018.01.15UPDATE

2018年01月号掲載

ASTERISM

メンバー:HAL-CA(Gt) MIYU(Ba) MIO(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-接点はあまりなさそうですね。

HAL-CA:そうなんですけど(笑)、何か発見があればいいなと。

MIYU:最初はハード・ロックを聴いていたけど、90年代のロックも最近は聴いたりして、現代のロック・バンドも聴いてます。RED HOT CHILI PEPPERS、LINKIN PARK、UVERworldとか。


ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・ブームをこのバンドで作りたい


-ASTERISMはあくまでハード・ロック/ヘヴィ・メタルにこだわりたい?

MIO:そうですね。激しさ、熱さで気持ちを伝えたいので。

MIYU:(メンバーの)みんなハード・ロックが好きだから、そこはブレちゃいけないんじゃないかと。

HAL-CA:LOUDNESSが海外に行ったように、ハード・ロック/ヘヴィ・メタル・ブームをこのバンドで作りたいですね。

MIYU:うん、新しい時代を僕たちで作れたらいいと思います。

-頼もしい限りです! それこそBABYMETALの「メギツネ」も動画でカバーしてましたけど、MIYUさんは7弦ベースを使ってましたよね?

MIYU:7弦ベースは面白いんですよ。低い音も高い音も出るし、ギターに近い感じで、普通のベーシストがやらないことをやりたい人間だから(笑)。これからもベースに新しい風を吹かせるというか、革命を起こせたらいいなと。

-BABYMETALもみなさんと世代も近くて、世界でも勝負してますが、刺激を受けるところもあります?

MIO:若くて激しい音楽をやっている意味では同じかなと思って、カバーしたんですよ。

HAL-CA:バックで演奏している方たちは本当にすごいので尊敬します。曲もハード・ロック/ヘヴィ・メタルだけど、キャッチーなので勉強になりますね。

-前作はメタルの王道曲を取り上げてましたが、今作は通な選曲でもありつつ、メタルの枠内からもはみ出した形で別の側面を見せた内容ですね。

MIO:おっしゃっていただいたとおり、ASTERISMはこういう音楽もできるんだというのを見せられたアルバムだと思います。プログレのRUSHからMOTÖRHEADまでやってますからね(笑)。

-1曲目はオリジナルで、"Rising Moon"という曲名が面白くて。普通なら"Rising Sun"と付けそうですが。

HAL-CA:月が昇ったところで、3人の化け物が暴れ出すみたいなイメージだったので。あえてこの曲名にしました。曲も朝というより夜のイメージだったし、最初もドラム始まりだから、"なんだ、こいつらは!?"と思ってもらえるんじゃないかと(笑)。

-各自の見せ場がちゃんとある曲調ですね。

HAL-CA:3人のソロをしっかり見せながら、曲として成立できるようにしたくて。

MIYU:この曲は7弦ベースを弾いたんですけど、高いポジションでいろんなアプローチができたと思います。

HAL-CA:最初にハーモニクスから始まって、リフはピッキング・ハーモニクスでまさに化け物って感じをイメージしているので。

-2曲目は「Guerrilla Radio」(RAGE AGAINST THE MACHINE)のカバーで、大山まきさんをゲスト・ヴォーカルにフィーチャーしてます。これは初の試みですよね?

MIO:活躍されている方と一緒にやるのは新たな試みだったけど、一緒にやるからにはバトルするつもりで演奏しました。音で圧倒してやろうと。

MIYU:ぶつかり合いというか、闘いというか。

HAL-CA:ASTERISMの曲のコンセプトに"バトル・ミュージック"というのがあるので。誰しも生きていると、小さな闘いから、大きな闘いまでいろいろあると思うから、その闘いに向かう人たちを奮い立たせるような、勇気を持ってもらえるような作品を作りたいんです。この曲も、ヴォーカルがいても、ギター・ソロがあったりして、バトルを繰り広げている様子を表現しています。

-バトル・ミュージックというのは、初めから意識していたことですか?

MIO:デビューして、この先ちゃんと芯を持ってやるためにも3人で話し合って、バトル・ミュージックというコンセプトを考えました。ライヴでお客さんに向けて演奏するだけじゃなく、3人でも音をぶつけ合うことを意識しようと。

-3曲目は名インスト・ナンバー「YYZ」(RUSH)を取り上げてますよね。

MIYU:最初と途中でテンポが変わるんですけど、ASTERISMではあまりやったことがないテンポだったので、面白かったですね。

HAL-CA:この曲はもともとインスト曲だから、そこからさらに自分をどう出していくかに気持ちを入れました。ギター・ソロも完コピではなく、自分でアレンジを加えて、演奏しました。