MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BLUE ENCOUNT

2015.05.18UPDATE

2015年05月号掲載

BLUE ENCOUNT

メンバー:田邊 駿一 (Vo/Gt) 江口 雄也 (Gt) 辻村 勇太 (Ba) 高村 佳秀 (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-とにかく2曲とも攻め攻めの曲調じゃないですか。そこにまず驚きました。

田邊:そうですねえ。休ませたくないと思ったし、あえてBPMも速くしました。テンポが速い曲は久しくやってなかったし、ド直球で行きたかったんですよ。ただ、歌詞の内容は真逆で、希望的な「DAY×DAY」と、絶望的な「AI」をやってるのも、それもやりたいことを表現できました。

-そういうアプローチを取った理由は?

田邊:常に真逆のことをやりたいんですよ。前作『もっと光りを』の3曲では過去、現在、未来を表現したし、メジャー・デビュー作『TIMELESS ROOKIE』では悲しい曲をハッピーに歌ったり、結成当時から持ってるギャップをちゃんと表現したくて。今回の「DAY×DAY」は、「AI」しかないと言い切れる組み合わせですね。最初は違う曲だったんですよ。テンポがゆったりした曲だったけど、通して聴いたときに締まらなくて、ただのカップリングになってるなと思って変えたんです。今後シングルを出すときもカップリングと思われるなら、変えちゃうんじゃないかな。

-今回、最初にあったヴィジョンは?

田邊:「DAY×DAY」はアニメ"銀魂゜"の制作スタッフさんがライヴを観に来てくれて、それで話をいただいたんですよ。「DAY×DAY」は「もっと光を」以上に、ブルエンの覚悟と決意を書きたいと思いました。それを制作サイドに聴かせたら、OKをもらって、タイアップに抜擢されたんですよ。僕らの伝えたいこともありながら、"銀魂゜"の世界観と合う曲ができたと思います。ブルエンが何年経っても、これを言いたかったんだなと思える確固たるメッセージを込めることができました。

-というのは?

田邊:サビの歌詞の"全身全霊懸けて あなたを守りぬくと決めた。"っていう部分ですね。最近いろんな場所で、ファンの声や興味を持ってくれた人の感想を聞くんですよ。みんな十人十色、悩みを持ってるし、今の時期なら新生活が始まって、学校や職場でひとりを感じてる人も多い。俺らもそうだったんですよ。学生のころに"音楽をやりたい"と言って、周りから"大丈夫?"と心配されて、ひとりになっちゃって。その逃げる先が音楽で、その音楽を聴いて余計に悲しくなったり、すごく希望をもらえたり......音楽やアーティストはヒーローでしたからね。なので、僕らも聴いてくれる人と一緒に闘いたいと思ったんですよ。ひとりの状況をいかに打破できるのか、それを一緒に考えたくて。そのわかりやすい意思表示を、サビの歌詞で言いたかったんですよ。この言葉自体を自分たちも守り抜きたいし、一緒に守って欲しいなと。

-田邊さんはMCでも"あなたを守りたい"とよく言ってますよね。

田邊:そうですね。僕らの音楽で守れるんじゃないかと。その気持ちはより強くなりました。「もっと光を」を作る前は"僕らは強い光になれるのかな"と思い始めたころで、それ以降は"でかい光にはなれないけど、照らす光になれるんじゃないか"と。それなら、"この光でも守れるのかな"と思って、曲の中で意思表示しようと。

-バンドとしてタフになれたんでしょうね。曲を制作するうえでは"銀魂゜"の内容も踏まえて?

田邊:学生のころの漫画を読んでました。"銀魂゜"を読んでると、クスッと笑える部分がありながらも、ひとエピソードが終わるごとに大事なメッセージがスッと入ってくるんですよ。僕らも気づかないうちにライヴでそういうやり方をしてるんですよね。"何を言ったら笑顔になってくれるかな"って。心を開いてくれたあとじゃないと、言いたいことも伝わらないじゃないですか。ブルエンが"銀魂゜"で良かった!と言ってくれる人もいたので、曲作りも不安はなかったですね。歌詞の中でも"どんな奴にバカにされても 僕が信じたのはあなただけ"と言ってるんですけど、僕らも自分たちの音楽を揺るぎなく信じられてますからね。

-「DAY×DAY」は従来のブルエンらしさはありつつ、さらにブラッシュアップさせた仕上がりで。

田邊:そうですね。あえてやったのはサビの転調ですね。今までやったことがないことでドキッとさせたくて。最初は違和感があったけど、違和感はいいパンチにもなりますからね。

辻村:何とか考え抜いて、乗り越えたいと思ったんですよ。

田邊:ここで闘えば、すごくいいサビが生まれるなと。それを越えられて良かったです。

江口:パッと聴きはストレートに聴こえるけど、その中にどれだけブルエンらしさを入れられるかなと。各々のフレーズでも攻めたし、TVではアニメ・サイズで流れるわけじゃないですか。90秒の尺で聴いたときにいかに観ている人のテンション上げられるか。そこにこだわりました。

田邊:アニメ・サイズで観たときに鳥肌が立ちましたからね。昔から観ていた漫画の世界に僕らの歌や歌詞が乗ってる。改めて、自分たちの音楽でこういうことができるんだなって。僕も学生のころはひとりがかっこいい、異端児でいたいと思うときもあったけど、それなら弾き語りでやればいいわけで。バンド・メンバーがいることで、もっといい景色を見ることができるから。僕らのように、ほんとに闘える仲間をみんなにも見つけて欲しくて。

高村:僕はメンバーの中でも1番のアニメ好きなんですけど、オープニングってすごく大事なんですよ。その曲が良いか悪いかで、そのあとの流れも変わると思うんですよ。責任重大だけど、かといって、寄せすぎたら意味がない。ブルエンらしい曲で、オープニングにハマれば最高だなと。僕らの中ではそれができたと思います。「もっと光を」とテンポは似てるけど、あの曲よりも明るくアグレッシヴだし、最初から最後まで慌ただしく終わろうと。