MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KNOCK OUT MONKEY

2015.01.14UPDATE

2015年01月号掲載

KNOCK OUT MONKEY

メンバー:ナオミチ (Dr) dEnkA (Gt) w-shun (Vo/Gt) 亜太 (Ba)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-(笑) Track.11「?」のタイトルの読みかたは"クエスチョン"ということですが、今までにない感じの楽曲ですよね。

dEnkA:ないですねぇ。

-ギター・リフがSYSTEM OF A DOWNを連想しました。

dEnkA:その匂いと、少しMETALLICA臭も入れてみました(笑)。

-分かります(笑)。王道のUSメタル、ハード・ロックのテイストと、モダン・ヘヴィネス、ニュー・メタルがミックスされた感じですよね。

dEnkA:最初のリフはw-shunが作ったんですよ。で、Bメロや間奏のリフは僕が作ったんです。だからタイプが違うんですよね。

-なるほど。それで1曲の中に異なる雰囲気が混在していたんですね。

w-shun:ひとりじゃできない曲やね(笑)。

-このアルバムの中で1番"漢(おとこ)度数"が高い曲だなと思いました。またアルバムだからこそ冒険できる曲なんじゃないですか?

w-shun:個人的にはすごいやりたかった、濃い感じですよね。今までにないテイストですし。

-歌詞はどういう内容なんでしょう? 基本的に"クエスチョン"ってタイトル通り歌詞は疑問系になってますね?

w-shun:"どうしたいんでしょうね?"って疑問を投げかけてる曲ですね。すべてを分かってもらえるとは思ってないんで、個人的趣向で極端にやりたいようにという、1番エゴが強い曲だと思うんです。聴く人によっては"こいつ何か言ってる"ぐらいの曲であって欲しいなと。言いたいこと言って、やりたいことやりました(笑)。

-Track.13「Eyes」はKOMらしいアッパーな開放感のあるトラックですね。最後にKOMらしい曲で終わるのでホッとします。

w-shun:そうですね、このアルバムの中で1番王道だと思います。そこに行き着くことによって、より自分たちの言いたいこと、やりたいことが明確に見えるんじゃないかなって。いろいろ紆余曲折を経て今に至っているので、いろんなタイプの曲を経て最後に帰って来る場所があるってことを見せれたらいいなって思いました。

-ちなみにみなさんそれぞれ思い入れがある曲はどれでしょう?

ナオミチ:僕は「Our World」ですね。衝動をそのまま形にできたなと。最後のたたみ掛けるパートが好きです。やってる方は大変なんですけどね(笑)。

亜太:僕は最後の「Eyes」ですね。いつも曲作りの基本はw-shunの意見や持ってきたリフがきっかけになることが多いんですけど、「Eyes」はデモの段階では僕発信でできた曲なんです。夏のシングルのときにシングル候補に上がっていたので、その頃からプリプロもやってたんですけど、サウンド・プロデューサーとアレンジしていくうちに、トリッキーなすごいベース・ラインができたので、そこもぜひ聴いて欲しいですね。自分がきっかけとなってできた曲がアルバム最後を飾れるのが感慨深いですね。

w-shun:「Take you」かな。たぶん10年前の自分が聴いても"このバンド何!?"って思えるような曲が作れたかなって。その喜びって強いし、それが少なからずアルバムの他の曲にも影響してると思うので。「Take you」に関してはずっと好きだったことが形にできた感じですね。変わらずにこれからも好きでい続けるであろうって曲です。

dEnkA:「RIOT」ですね。個人的にすごい苦戦した曲なんです。1番最後に作った曲で、メロディとかコードはできてたんですけど、1曲目ということで1音目のパンチ感を出したかったんですが、それをリフや音で表現することがすごく難しくて。今思えばすごい80's臭がするなと。"北斗の拳か!"ってぐらい。

w-shun:そっちの80's (笑)!? 音楽じゃなくて(笑)?

dEnkA:いやクリスタルキング(※1971年結成の7人組ロック・バンド)の北斗の拳のアニメの曲(※「愛をとりもどせ!!」)ですね。 あと"聖闘士星矢とかあの時代のジャパメタのリフ弾いてるな俺。今の時代誰もやってる人いないな!"と思って(笑)。あの時代に近いものがあると思うんで、それを現在のストレートなラウドロックの音で表現できたことが面白いなと思ってます。古く聴こえるのか新しく聴こえるか分からないですけど、僕は北斗の拳の"YouはShock!!"に聴こえます(笑)。

全員:(爆笑)

w-shun:自分で言う(笑)!?

dEnkA:さてみんなにはどう聴こえるのかなと(笑)。

-(笑) 最後に『Mr. Foundation』のリリース・ツアーは全公演ワンマン・ライヴとなっていますね? ファイナルは今までで最大規模の新木場スタジオ・コーストですが、これはチャレンジですね!

w-shun:前回のツアーも"ワンマンで周れるわけねえよ、どれだけの人が来てくれるんだ!?"って言いながら、形になってたし、そこで得たものがすごく大きかったので、ある種自分たちの現実的で近くて大きい目標だとは思うんです。そこに向けて自分たちがどれだけクオリティを上げて、どれだけのライヴができるのかってことを考えるのが今大事だと思うし、チームとして何ができるのかって考えるのも重要だと思う。単なるスケジュールの中のひとつとして終わらせたくないですね。それは最近フェスに出させてもらってもそう思うし、いろいろツアー周って、土地によって盛り上がりかたとか感じかたも違うなと思ったんで、そこに行き着くまでにどれだけのことを考えてどれだけ行動を起こせて、それを全員が共通認識で理解し合って動けるかというのがすごい大事になってくるなと思います。アルバム自体チャレンジなことばかりだったので、それを行動においても表面に出していって、まだまだ行きたいところ、やりたいことがあるってことを、聴いてくれてる人、観てくれてる人に伝えていきたいですね。それがあったうえで、じゃあ次の作品はどういうものを作ろうかなって自分たちがワクワクできると思うので。メジャーに来て1年経ちましたけど、よりチャレンジャーとしての欲が強くなってきてますね。今はボコボコにされに行くぐらいの覚悟でいます。そういう姿勢で来年1年飛び込めたらなと思います。