MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KNOCK OUT MONKEY

2015.01.14UPDATE

2015年01月号掲載

KNOCK OUT MONKEY

メンバー:ナオミチ (Dr) dEnkA (Gt) w-shun (Vo/Gt) 亜太 (Ba)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-以心伝心ですね(笑)。この曲の歌詞ですが"自分との闘い"をテーマにしていると感じたのですが実際いかがでしょうか?

w-shun:いろんなことを経験して、守りに入るんじゃなくて攻めに徹したいというか。ツアーに出てワンマンで回れたのが大きいと思いますね。ツアーを周ることで自分たちにはホームがあるということを再確認できつつもそこに甘んずることなく攻めていきたいなと思いましたね。その姿勢をアルバムの1曲目で示したくて。"守ってねぇぞ、俺たちは"って伝えたかったんです。

-最新シングルの「How long?」もそうでしたが、今現在のKOMはアグレッシヴな戦闘モードに突入してるんですね。

w-shun:そうですね。だから夏のシングルも出せたと思うんですよね。いろんなことに挑戦してる姿勢というか。

-Track.4の「Take you」ですが、RAGE AGAINST THE MACHINEやRIZEを想起させるメタリックなラップコア・サウンドですね。ラップコア直球の曲って実は今までKOMにはあまりないですよね?

w-shun:「How long?」みたいなハネるリズムの縦ノリの曲はわりと多かったんですけど、「Take you」みたいなリズムの曲をやるのはそれぞれのテクニックがないと無理なんで少し勇気がいるというか......。こういうタイプの曲ってリズムがカチッとしてないとただのベタッとしたラップが乗ってるだけの曲になってしまうんで、グルーヴ感を出すのに苦労しましたね。RAGE AGAINST THE MACHINEはもちろん、PAPA ROACHなどそのへんの年代のCDを聴き漁って、やっぱりかっこいいなって再認識して。最近なかなかそういうことしてるバンドいないからこういう曲があっても面白いかなと思ってやりましたね。

-リズム隊にとってもこの曲は腕の見せどころじゃないですか?

ナオミチ:バンドにとってこういうグルーヴの曲は初めてに近いですね。リフがすごいかっこよかったんで、全部ユニゾンでリフと完全にシンクロしようって意識しました。完成して聴いてみたらシンプルだけどすごいかっこよくて、"これがグルーヴなんだな"って感じましたね。こういう曲をこれからも作っていくのが楽しみですし、もっと挑戦してみたいですね。

-こういう曲はリズムが前に突っ込むとダメですよね。

ナオミチ:もうダメですね。後ろで引っ張って粘っこくないと。

dEnkA:難しいですね、しっかりとオン/オフを合わせていかないと。

w-shun:縦が合わないとね。

dEnkA:ミュート・プレイというか、音を抜く、消すタイミングが難しいんです。音符の長さというか、その一致感があったらバシっときまるんです。簡単そうで難しいんです。

-なるほど。ライヴでも楽しみな曲です。

w-shun:この曲で荒ぶりたいですね。

-いいですね! 歌詞に"KOM foundation"という、アルバム・タイトルにもある"foundation"という言葉が出てきますね。

w-shun:この曲ができたことでアルバムのイメージが固まったんです。で、"foundation"って言葉もそうですし、"Back to the basic"って言葉もそうですし、"俺今本当にやりたいことってこういうことなんだろうな"ってやりたいことが改めて分かって。アルバムの中のラインナップとしてもわりと最初の方にできた曲なんで、それが見えたからよかったですね。

- "Bring the noize"という冒頭の歌詞にもニヤリとさせられますね。

w-shun:そうですね、その時期を通っているので(笑)。そういう音にしたかったし、ただのコピーじゃなく、今だからできることがあると思うんですよね。

-ラップに乗せたリリックはリアルなバンド・シーンを表していますね。こういうダイレクトな歌詞も面白いですね。

w-shun:書きながらちょっと恥ずかしかったですけどね(笑)。"昔どうだったかな?"って思って。こういった音楽って生々しさ、画がすぐ見える感じや、歌詞を見てただ同調するだけじゃなくて、その人の生き様、姿勢がかっこよかったりするので、自分なりに人生を振り返って歌詞を書くのが1番正しいんじゃないかなと思いました。

-そしてTrack.5の「How long?」と、頭から5曲目まで攻めまくってますね?

w-shun:攻め攻めですね(笑)。前半で自分たちの得意技を出せたし、1曲ずつ重いパンチを繰り出してる感じにできたかなと。

-そして6曲目以降はバラエティ豊かになっていきますね。Track.6の「Priority」はカラっとした西海岸サウンドにユルい雰囲気がいいですね。

ナオミチ:まさにそのイメージです。

w-shun:昼間っからビール飲みながら海岸沿いでジャカジャカやってるみたいな(笑)。