MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

彼女 in the display

2014.12.02UPDATE

2014年12月号掲載

彼女 in the display

メンバー:武藤 海 (Dr) 稲木 亮介 (Vo)

インタビュアー:村岡 俊介(DJムラオカ)

-それ、新しいかもしれないですね。

稲木:踊りながら聴いて~! っていう感じです(笑)。

-"ここは楽園 皆 手をたたきな"という歌詞がある通り、すごく"楽園"ってイメージがあってるアッパーな曲だなと感じました。

稲木:自分の中の楽園って、幼少期に思っていたワクワクと楽しみに思う気持ちみたいなものな気がして。でも、それって今の僕らにはないものなんですよね。だから、タイトルも「Paradise Lost」っていうものにして。この曲が鳴ってる瞬間だけはみんなその気持ちを取り戻そうぜって。

-その僕らっていうものもバンドのメンバーだけでなくリスナー含めた"みんな"という意味でしょうか?

武藤:そうですね。昔みんなが虫取りとかしてたあのときが1番楽しかったんじゃね? みたいな。完全にリスナー目線ですね(笑)。

-"Paradise Lost"ってゴシックメタル・バンドでいるんですよね(笑)。

武藤:そうなんですか? これも"エウレカセブン"っていうアニメのタイトルからとったんですよ。二十何話くらいの(笑)。

-そうなんだ! 他の曲はどうなんですか? 「PLATINUM」は?

武藤:"ジョジョの奇妙な冒険"の空条 承太郎っていう人のスタンド名をもじった感じですね。

-ジョジョをテーマにした曲が1曲目、さすがアー写がジョジョ立ちしてるだけありますね(笑)。Track.3の「early summer rain」ですが、曲調も非常にエモーショナルですが、それに合わせてか珍しく恋愛に関する歌詞ですね。他にも恋愛をテーマにしているものはありますか?

稲木:そうですね。この曲と7曲目かな......。僕としては恋愛っていうより物語と思ってくれたらいいなって。

武藤:たしかに今までなかったかもね。俺も珍しいなと思ってた。

稲木:それもアニメに影響受けちゃったんですよね......(笑)。

-え!?

稲木:アニメ見てて、"あぁ、切ねえ......なんて切ないんだ"って。あとは過去を掘り出しました。実話とアニメのコラボレーションです(笑)。

-この曲のインスピレーションの元となるアニメはなんでしょうか?

武藤:梅雨前くらいのどよっとした感じの雨が振ってる夜にセッションでやったんですけど、そのときいろんなことを思って作ったんですよね。

稲木:歌詞に関してもあんまり意識してないかな。曲からインスピレーションを受けたって言う方が正しいですね。音自体が風景とかいろんなことを想像させてくれたんで、登場人物を出そうかっていう感じだったんです。

-他にもエモーショナルな歌詞はあるけど、この曲はとりわけエモーショナルかなと。

稲木:嬉しいですね。

-ちなみにメンバーみんなでいるときいってどんな雰囲気なんですか?

武藤:むっちゃ仲良んですよ。車の13時間も苦にならない。

稲木:パーティ・モードのときもあれば、真面目なときもありますよ。

武藤:みんなで同じアプリをとって遊んでることもあります(笑)。ずっとそんな感じです。

-楽曲制作中に意見がぶつかったりしないんですか?

武藤:それはかなりありますね。なんやお前!ってなるときももちろんあります。

-喧嘩までにはならない?

武藤:口で言い合うくらいですね。ひきずることもないですね。メンバーのパワー・バランスはすごくいいと思います。みんなが自分のバンド内での立ち位置を理解してますね。

-なるほど。話は戻りますが、Track.5の「Blaze up」ではギター・ソロも出てきたりと今作中最もラウドでメタリックですね。スクリームが入るならこの曲かなと思ったのですが、そういう案は出てこなかったですか?

武藤:これはもう完全に1990年代風ですね(笑)。古くてダサいのを作ろうって(笑)。もうギター・ソロがヤバいです(笑)。今までギター・ソロを封印してたんですけど、ちょっとやってみようっていうってやったら、もう古い古い(笑)。