MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

彼女 in the display

2014.12.02UPDATE

2014年12月号掲載

彼女 in the display

メンバー:武藤 海 (Dr) 稲木 亮介 (Vo)

インタビュアー:村岡 俊介(DJムラオカ)

-じゃあ、これまでもリード・トラックからアルバムやEPの方向性を決めてきたのでしょうか?

武藤:そうですね。

稲木:リード・トラックを軸にしてバランスを取ってます。

武藤:リード・トラックは絶対1番最初ですね。でも、面白いのが全部でき上がったときにリードに勝てそうなやつとか出てくるんですよ(笑)。それは悩むわ~(笑)ってなりますね。

稲木:でも、この「PLATINUM」は最初から最後まで変わることないリード・トラックでしたね。

-「PLATINUM」でミュージック・ビデオも撮ってるんですか?

武藤:撮ってます! 今編集中です。

-どんな感じなんですか?

武藤:始めてのCGです。ちょっとオシャレというか芸術的な感じにしました。

-この曲は冒頭からメロコア風のギター・リフにキーボードのバイオリンの音色からスタートすることに驚きました。

武藤:最初ちょっとELLEGARDENっぽい......(笑)。

稲木:僕らもそういうのがすごく好きだったっていうのもあって。

武藤:疾走感のある曲が欲しいって話になって。やってみるかって(笑)。

-今回キーボードの音色もだいぶチャレンジしてますよね。

稲木:そうですね。今まで使ったことなかったです。バイオリンの音色とか。

-キーボードのアレンジはやはり逸見君が全部やってるんですか? それともみんなでアイディアを出し合ったりしてるのでしょうか?

武藤:今回はほとんど逸見君で、色付けはみんなでアイディア出しあってです。かなり頑張ってくれたと思います。

-そうですよね。今って実際キーボードがなくても鳴らせるじゃないですか。でも、これだけ多彩な音色のアイディアはキーボード専任がいてこそですよね。

武藤:本当にそうです。

-吉田君のギターから、時折現れるメタリックなフレーズもいい味を出してますね。

稲木:ところどころに好きなのが自然と出ちゃうんですよね(笑)。

-でもそこもまた個性だと思います。ただのギターロック・バンドとはまた違う。

稲木:それギターに言うとめっちゃ喜ぶと思いますよ。

-そういえばFM FUKUOKAの12月度のパワー・プレイに決定しましたね。

武藤:そうなんです。福岡で1番大きいラジオ局で。

-リスナーは若者だけというより、大人もみんな聴くラジオ局らしいですね。これでまたバンドの知名度が一気にあがるんじゃないでしょうか。

武藤:決まってめっちゃびっくりしました。

稲木:バンドをする前から普通に聴いている局だったので。

-Track.2の「Paradise Lost」は非常にダンサブルで踊りたくなる曲ですね。サビのリズムは若干サンバっぽいのが面白いなと感じました。

稲木:まずリフから作りました。

武藤:ギターがリフを持ってきたんですが、ディスコっぽいよねって。ちょうどその頃にライヴでやったら絶対ブチ上がるような曲を作ろうとしていたので、この曲をそれに合わせたんです。

稲木:みんなで歌えたらいいなっていうのが共通認識としてありましたね。歌詞に関しては結構自由に書かせてもらいました。ただダンサブルなのにメッセージが強い(笑)。