MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BUZZ THE BEARS

2014.06.10UPDATE

2014年06月号掲載

BUZZ THE BEARS

メンバー:越智 健太 (Gt/Vo) 桑原 智 (Dr/Vo) 池田 大介 (Ba/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-なぜそんなに照れるんですか?

越智:いや、最初に曲名を付けたときに、江口洋介の「恋をした夜は」みたいやなって(笑)。

桑原:10代の人から"恋夜いいよね"と言われる気がします。

池田:ははは、略さんでいいけどな。

-そして、インディーズ時代の2ndミニ・アルバム『白き光』(2008年、現在入手困難)に収録されていた「全てを」の再レコーディング曲も入ってますよね?

越智:もともと前のレーベルにいたときに録った曲で、そのCDが手に入らないし、「全てを」を聴きたいというお客さんが多くて。それやったら、新しく録って入れようかって。

-この曲を書いたときの心境は覚えてます?

桑原:四つ打ちをまだそんなに知らない時期で、四つ打ちみたいな曲を作ろうと思って。

越智:当時この作品を録っていた頃、最後にレコーディングした曲なんですよ。で、録った後に全員でため息をついて、これどうする?と言ったのは覚えてますね。すっごい演奏がバラバラで、あれ?って。

-ははははは。

桑原:当時を振り返ると、素人が一生懸命作った曲だなと。

-アレンジも少し変えてますよね?

越智:そうですね。その方が楽しいかなと思って。再録した曲を聴き返したときに、こう変わったんやって自分でも感動しました。

池田:音的にも聴きやすくなったと思います。前はガチャガチャしすぎてたのかな?

桑原:うん、演奏もCDなのにヘタやし、今回はこういう曲なのかって、ちゃんと聴けました(笑)。

越智:年月も出ている気がしますね。前に録ったものと、今のものの間に自分たちの中で流れた時間を感じました。歌や演奏、音作りもそうだけど、それもライヴをやり続けることで変わった部分もあるし、変化したなあとひしひし感じましたね。

-自分たちの成長も感じられると。今作に収録されても違和感が全然なくて。"見て この景色を/聞いて この声を/感じて 生あることを/知って 全てを"の歌詞も目の前の人に伝えているような距離の近さを感じます。

越智:多分この時は誰かに向けて曲を書くことがあまりなくて。この曲は歌詞とメロディが一緒に出てきた曲なんですよ。同時に出てくるときはいい曲ができると、いろんな人から聞いたことがあるんですけど、僕にとってはまさにそういう曲ですね。