MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BUZZ THE BEARS

2014.06.10UPDATE

2014年06月号掲載

BUZZ THE BEARS

メンバー:越智 健太 (Gt/Vo) 桑原 智 (Dr/Vo) 池田 大介 (Ba/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-BUZZ THE BEARSのライヴもこれまで熱い盛り上がりはあったわけじゃないですか。今作を作る上でどこを1番意識しました?

桑原:今回はより参加型にしようと。今までもモッシュ、ダイブを意識して作ってましたけど、案外コール・アンド・レスポンス的な要素は少なかったんじゃないかと。そういうのも考えていたつもりやったけど、こっちが歌って、お客さんも歌うやり取りが少ない気がしたので、そういう要素をたくさん入れてみようと。結果的に全曲そういうものになりましたね。

-確かにウォーウォー!イェーイェー!のコーラスはたくさん盛り込まれてますよね。

桑原:苦手意識があったんですよね。ウォーウォー!イェーイェー!という言葉を使うことに抵抗があった。何でですかね?ベタなことをやると、それ入れる?みたいな考えがどこかにありましたね。でも人のライヴを観ると、そういう要素が入ってるし、それで盛り上がってる。それもわかっていたけど、ヘンなプライドがあったんでしょうね。でもそんなこと言ってられへんなと。

越智:僕は単純にウォーウォー!イェーイェー!が照れ臭くて。でもCDをどんどん出す中で、そういう曲があってもいいかなと思うようになりました。昔、敬遠していたものがいけたりする感じはありますね。それは悪いことじゃないし、むしろ今までやってなかったら面白いなって。

-昔は嫌いだったセロリが大人になって食べられるようになったみたいな?

桑原:そんな感じですね(笑)。

越智:おじさんになったら着るジャンバーを着れるようになった。

桑原:それは違うなあ。ややこしくなったぞ。

-ははははは。

池田:拒否するのがダサいというか、別にやったらええやんと思うようになりましたね。

-今作は前作と聴いた印象がだいぶ違いますね。BPMも近いところで揃っているし、曲調の間(ま)やタメが効いてるなと思いました。今まで話してくれたこともそうですが、お客さんが入れる隙間をちゃんと設けてますよね。

桑原:間は結構考えましたね。すぐに曲を進めたら、お客さんが言いにくいやろうとか、行くぞ!のサインのオカズをわかりやすく入れてみたり、今までとは違う考えでドラムも付けました。そう言ってもらえると嬉しいですね。

越智:BPMは自分の中では落としたイメージですね。普段より、もう少し落とした方が気持ちいいんじゃないかと。僕のメトロノームは4ずつ下がるやつで、4って結構違うんですよ。いつもなら1のところを4下げてますからね。

桑原:今までの曲と比べたら、全体的に落ち着いてると思います。

-うん、そうですね。かといって、勢いは失われてない。

桑原:速すぎると乗りづらいし、遅すぎても乗りづらいし、よりみんなに参加してもらうためにテンポを決めましたからね。

池田:そこはシビアに詰めて考えましたね。

-そういう意味でこれまでの作品と違う難しさはありました?

桑原:やりやすかったですね。ドラムもちゃんと叩けるというか、オカズもテンポが速いとグダグダになるけど、ちょっとテンポを落とした方が何をやってるか見えるし、自分もいきやすい。そのテンポの中で楽しめるようになりました。

池田:速いだけが勢いじゃないし、縦の合わせ方で勢いが出るんですよ。速くなくても激しさは出てるんじゃないですかね。

越智:スネアが気持ちよく聴こえるようになりました。BPMも関係あるけど、リズムも取りやすくなりましたね。