MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SECRET 7 LINE

2014.03.11UPDATE

2014年03月号掲載

SECRET 7 LINE

メンバー:TAKESHI (Dr/Vo) SHINJI (Ba/Vo) RYO (Gt/Vo)

インタビュアー:沖 さやこ

-そうですね。この曲には"Had any, but to yet this, might now"という歌詞が"ハデニ バット ヤッテシマイナ"に聴こえるという空耳アワー的なアプローチが盛り込まれていると。

RYO:こういうことをやったのも初めてで。日本語の歌が英語っぽく聴こえるバンドっているじゃないですか。それじゃなくて、英語なのに日本語に聴こえるのはタモリ倶楽部くらいしかないなと思って(笑)。

-Track.11「MY SWEET HOME」にはホーン・セクションが導入されています。

SHINJI:今回のアルバムでは柔軟にいろんなことをやりたかったんですよね。だから絶対にホーンを入れるとか、そういう感じで入れたわけでもなくて。この曲はとにかくふざけた曲にしたかったんですよ(笑)。真剣にふざけるというか。いままでにない要素で、丁度後輩にホーンが入っているバンドがいて、お願いしてみたらやってくれるってことで。メロディックのバンドでスカっぽいホーンを入れるバンドはいるけど、ビック・バンドみたいに入れてるバンドは自分たちの世界にあまりいなくて。だからBrian Setzerのビッグ・バンドで入れるようなホーンの感じにしたかったんですよね。面白いものになったと思います。

-バンドが"いろんなことを柔軟にやりたい"というモードだったのでしょうか。

SHINJI:んー、貪欲になってきたんでしょうね。それと柔軟になってきた。どっちもありますかね。ライヴでやるときに毎回ホーンがいなくてもいいと思うんですよ。ロック・バンドはストリングス入れたり、いろんなことする人たちがたくさんいて、自分たちのやりたいことも増えて。シンセを入れている曲もあるし。いろんなものを吸収して自分たちのものにできたらやろうか、という感じですね。この曲ではとにかくふざけたかったんですよね(笑)。3人とも根は真面目なんですけど、結構ふざけるのが好きで、いつもそんな感じで。いままでそういうのを音源にはしてこなかったんですけど......そうですね、ふざけたかったです(笑)。

-(笑)そういうことができるのはバンドがいい状態ということでしょうね。そしてラストには、こちらもびっくりでしたが、ボーナス・トラックとしてJustin Bieberの「BABY」のカヴァーが収録されています。

TAKESHI:カヴァーのコンピに入れる話があって、最初はOWL CITYをやろうと思ってたんですけど、OWL CITYはもう他のバンドに取られてて。どうしようかな~と曲を選んでたときにJustin Bieberを聴いて。僕はそんなにJustinのこと知らなかったんで、いろいろJustinの曲を聴いてみたらいい曲がたくさんあって。「BABY」はサビだけ知ってて、この曲なら俺らみたいなバンドでもアレンジしやすいんじゃないかな?と思って。美メロですしね。メロディの良さありきというのは、SECRET 7 LINEが持っているものでもあるので。

-そうですね。それに加えてシクセブの場合は、皆さんが歌われるのも大きいです。いろんな声が聴こえることが変化にもなるし。

SHINJI:今回はそれも前よりも更に入れてるんですよ。いまもメインは2人なんですけど、いままでなかった要素として敢えてドラムのTAKESHIくんの声を入れて。

TAKESHI:そういうところでふざけさせたら俺はかなり天才的なんで(笑)。

SHINJI:そうなんですよ。抜群にふざけるんです(笑)。でも根は真面目なんで、レコーディングのときに"ここちょっとふざけた感じに歌ってみて""ちょっとテキーラ2杯くらい飲んでもらっていいかな?"って感じで(笑)。そんなレコーディングでしたね。

TAKESHI:"ここどういう感じでふざけたらいい?"って訊くと、エンジニアさんも"ジャマイカの田舎にいるおっさんがキマっちゃった感じで歌ってもらえます?"とか(笑)。それを自分の中で答えを出していく。

-(笑)リリース後の4月から全国ツアーが30本以上決まっており、その途中にシクフェスもありと盛りだくさんですね。

RYO:僕らも仲間のライヴ・バンドも、これくらいやってるのが普通と言えば普通ですけど(笑)。GOOD4NOTHINGとのWレコ発なので、これはすごく楽しみです。同年代のバンドだけど、憧れのバンドでもあったんで。いま、ようやく同じところで勝負してもらえる時期が来たかなと。だから嬉しいですし、楽しみだし、負けたくないですね。ファイナルではしっかり集大成を飾りたいです。しっかり会場を埋めて、それを実現させてから次のステップに進みたいと思っています。行きます!

SHINJI:そこに行って、やっと次が見えると思うんですよね。ひとつの目標だし、通過点だし、通過しなきゃいけないところだと思うんで。......なんか、やれそうな気がします。