MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SALTY DOG

2014.03.13UPDATE

2014年03月号掲載

SALTY DOG

メンバー:INGER (Vo) KENT (Gt/Prog) TOMOYA (Ba/Cho) TAKA-爺 (Dr)

インタビュアー:小林 詩央里

-グリーグって、あの作曲家の?

TOMOYA:そうです。でも曲調が明るすぎて合わなかったんですね(笑)。荒城の月は雰囲気にも合うし、気に入ってます。

KENT:最初はふざけ半分でブレイクダウンを流しながらいろいろなフレーズを弾いていたんですけど。そしたら意外にハマって、"これいいじゃん"って。

TOMOYA:これはダンス曲でもありますね。(今作の中で)1番好きな曲です。皆が参加するパートもいっぱいあるし、ライヴでは盛り上がること間違いなしですね!僕らかけステップのことを"ランニングマシン"って呼んでるんですけど(笑)、踊るにはぴったりの楽曲ですね。

INGER:私もこれは特に何回も何回も聴いちゃう。

-そしてTrack.5の「Phantom Pain」はバラード曲で。

TOMOYA:これ、最初はもうちょっと北欧っぽい、6/8拍子でノスタルジックな感じを出したかったんですけど、制作中にメロディが二転三転して、できた曲は最初と180度変わりましたね。

KENT:結構僕の趣味が出た曲にもなっています。僕、なんだかんだJ-POPが大好きで。ラウドロックにこんな曲を収録するのはどうかな?とも思ったんで、結構悩みました。

TOMOYA:これこそ音楽性の幅の広さを証明できた曲なんではないかと思います。

-そしてラスト曲でありタイトル・トラックの「Goodnight,Cruel World」はライヴでも盛り上がりそうなナンバーですね。

TOMOYA:この曲、BPM235なんです。同期を使っていてこの速さは結構鬼畜だとは思ったんですけど、疾走感を出したくて。

KENT:最初はTrack.2「Screams Within」をリード・トラックのつもりで、それ以上のものは出来ないと思っていたんですけど、色々作っているうちに"もっといけるわ"ってなって(笑)。それで出来たのがこの曲です。1番激しくてテンションが上がる曲ではあるんじゃないかと思います。

-これを6曲目に持ってきたのも意外性があったのですが。

TOMOYA:この曲の前にできていた曲たちは、すでにアルバムの曲順までストーリーを立てて作ってしまっていたんですよね。なので、ぶっちゃけ入れるところがなかったんです(笑)。

INGER:でもこの曲は最後にクレッシェンドしていって、バシッと終わる感じを出せたよね?

TOMOYA:そうだね。カッコいいキメで終わる曲だから。

KENT:この曲はMVも作っているんですが(※3月中旬公開予定)、クールでカッコいい仕上がりになっています。

-アルバムを通して、1曲1曲それぞれに端的に個性が出ていますね。

KENT:その時その時で影響を受けているところが違ったりするんで、アルバムを通して聴くと1曲1曲にバラエティがありますね。

TOMOYA:ラウドロックのバンドって、やっていることはすごくカッコいいんですが、似た曲も多かったりして。そういう風にはしたくなくて、それぞれの曲が立ったものにしたいんです。"SALTY DOGはこういうこともああいうこともできる"ってのを証明したくて作った作品でもあります。

-レコ発ライヴが3月20日で、それ以降も関東以外の各所でライヴ活動をなさるようですが、今後の活動はどのようなものにしていきたいですか?今後のリリースも踏まえて、展望をお聞かせください。

TOMOYA:7月25日のファイナルまでツアーを駆け抜けて、その後は次の制作にも取り掛かっていきたいと思っています。次の作品は、今作を遥かに超えたものを作らなければと思っているので。

-期待しています。今日はありがとうございました。最後に、激ロックをご覧の皆さんにメッセージをお願いします。

INGER:とにかく、ライヴに来てほしいです。みんなと一緒に遊びたい。

TOMOYA:絶対にこのアルバムを聴いてほしいです。それはもちろんですが、生で音楽を感じることの良さをいろんな人に知ってほしいです。聴くだけではエンターテインメントとしては半分なんです。その点では、INGERが言うようにライヴに遊びにきてほしいですね。

TAKA-爺:僕も同じなんですが、ライヴに遊びにきてもらって、楽しさを分かち合って、一緒に酒が飲めればな、と。あとはライヴハウス・シーンをもっと盛り上げていきたいです。応援よろしくお願いします!

KENT:作曲担当として言うと、とにかくこのアルバムは全力投球しました。絶対に"ハマる"ので、聴いてください!